“手塚治虫漫画全集”総目録 MT351-MT400



各巻のリンク先の解説では、結末にまで言及していますので、「ねたばらし」を読みたくない方は、ご注意ください。



プライム・ローズ:4:講談社:手塚治虫漫画全集 351:240:95/04/17
	プライム・ローズ:第4巻:226:少年チャンピオン:83/03/18,83/03/25,83/04/01,83/04/08,83/04/15,83/04/22,83/04/29,83/05/06,83/05/13,83/05/20,83/05/27,83/06/03
	手塚先生−−プライム・ローズを語る!(抜粋)::4:手塚ファンmagazine Vol.30:82/08

ゴブリン公爵:1:講談社:手塚治虫漫画全集 352:256:95/09/16
	ゴブリン公爵:第1巻:252:少年チャンピオン:85/09/06,85/09/13,85/09/20,85/09/27,85/10/04,85/10/11,85/10/18,85/10/25,85/11/01,85/11/08,85/11/15,85/11/22

ゴブリン公爵:2:講談社:手塚治虫漫画全集 353:240:95/10/17
	ゴブリン公爵:第2巻:234:少年チャンピオン:85/11/29,85/12/06,85/12/13,86/01/01,86/01/10,86/01/17,86/01/24,86/01/31,86/02/07,86/02/14,86/02/21,86/02/28

ミッドナイト:1:講談社:手塚治虫漫画全集 354:200:95/03/16
	ミッドナイト:ACT.1(第1巻 ACT.1):30:少年チャンピオン:86/05/02
	ミッドナイト:ACT.2(第1巻 ACT.2):21:少年チャンピオン:86/05/09
	ミッドナイト:ACT.3(第1巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:86/05/16
	ミッドナイト:ACT.4(第1巻 ACT.4):21:少年チャンピオン:86/05/23
	ミッドナイト:ACT.5(第1巻 ACT.5):22:少年チャンピオン:86/05/30
	ミッドナイト:ACT.6(第1巻 ACT.6):23:少年チャンピオン:86/06/06
	ミッドナイト:ACT.7(第1巻 ACT.7):23:少年チャンピオン:86/06/13
	ミッドナイト:ACT.8(第1巻 ACT.8):23:少年チャンピオン:86/06/20

ミッドナイト:2:講談社:手塚治虫漫画全集 355:200:95/04/17
	ミッドナイト:ACT.10(第2巻 ACT.1):21:少年チャンピオン:86/07/04
	ミッドナイト:ACT.11(第2巻 ACT.2):20:少年チャンピオン:86/07/11
	ミッドナイト:ACT.14(第2巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:86/08/01
	ミッドナイト:ACT.16(第2巻 ACT.4):20:少年チャンピオン:86/08/15
	ミッドナイト:ACT.17(第2巻 ACT.5):20:少年チャンピオン:86/08/22
	ミッドナイト:ACT.9(第2巻 ACT.6):24:少年チャンピオン:86/06/27
	ミッドナイト:ACT.21(第2巻 ACT.7):19:少年チャンピオン:86/09/19
	ミッドナイト:ACT.23(第2巻 ACT.8):20:少年チャンピオン:86/10/03
	ミッドナイト:ACT.19(第2巻 ACT.9):20:少年チャンピオン:86/09/05

ミッドナイト:3:講談社:手塚治虫漫画全集 356:192:95/05/17
	ミッドナイト:ACT.18(第3巻 ACT.1):22:少年チャンピオン:86/08/29
	ミッドナイト:ACT.25(第3巻 ACT.2):21:少年チャンピオン:86/10/17
	ミッドナイト:ACT.26(第3巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:86/10/24
	ミッドナイト:ACT.27(第3巻 ACT.4):20:少年チャンピオン:86/10/31
	ミッドナイト:ACT.28(第3巻 ACT.5):20:少年チャンピオン:86/11/07
	ミッドナイト:ACT.29(第3巻 ACT.6):20:少年チャンピオン:86/11/14
	ミッドナイト:ACT.30(第3巻 ACT.7):20:少年チャンピオン:86/11/21
	ミッドナイト:ACT.31,32(第3巻 ACT.8):39:少年チャンピオン:86/11/28,86/12/05

ミッドナイト:4:講談社:手塚治虫漫画全集 357:192:95/06/16
	ミッドナイト:ACT.33(第4巻 ACT.1):20:少年チャンピオン:86/12/12
	ミッドナイト:ACT.36(第4巻 ACT.2):20:少年チャンピオン:87/01/16
	ミッドナイト:ACT.37(第4巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:87/01/23
	ミッドナイト:ACT.24(第4巻 ACT.4):20:少年チャンピオン:86/10/10
	ミッドナイト:ACT.34(第4巻 ACT.5):20:少年チャンピオン:87/01/01
	ミッドナイト:ACT.38(第4巻 ACT.6):20:少年チャンピオン:87/01/30
	ミッドナイト:ACT.44(第4巻 ACT.7):20:少年チャンピオン:87/03/13
	ミッドナイト:ACT.43(第4巻 ACT.8):20:少年チャンピオン:87/03/06
	ミッドナイト:ACT.40(第4巻 ACT.9):20:少年チャンピオン:87/02/13

ミッドナイト:5:講談社:手塚治虫漫画全集 358:192:95/07/17
	ミッドナイト:ACT.45(第5巻 ACT.1):20:少年チャンピオン:87/03/20
	ミッドナイト:ACT.51(第5巻 ACT.2):20:少年チャンピオン:87/05/08
	ミッドナイト:SCENE 1(第5巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:87/07/10
	ミッドナイト:SCENE 2(第5巻 ACT.4):20:少年チャンピオン:87/07/17
	ミッドナイト:ACT.46(第5巻 ACT.5):20:少年チャンピオン:87/03/27
	ミッドナイト:SCENE 3(第5巻 ACT.6):20:少年チャンピオン:87/07/24
	ミッドナイト:ACT.50(第5巻 ACT.7):20:少年チャンピオン:87/05/01
	ミッドナイト:ACT.55(第5巻 ACT.8):20:少年チャンピオン:87/06/05
	ミッドナイト:ACT.56(第5巻 ACT.9):20:少年チャンピオン:87/06/12

ミッドナイト:6:講談社:手塚治虫漫画全集 359:192:95/08/17
	ミッドナイト:ACT.47(第6巻 ACT.1):20:少年チャンピオン:87/04/03
	ミッドナイト:ACT.48(第6巻 ACT.2):20:少年チャンピオン:87/04/10
	ミッドナイト:ACT.49(第6巻 ACT.3):20:少年チャンピオン:87/04/24
	ミッドナイト:SCENE 4(第6巻 ACT.4):20:少年チャンピオン:87/07/31
	ミッドナイト:SCENE 6(第6巻 ACT.5):20:少年チャンピオン:87/08/14
	ミッドナイト:SCENE 5(第6巻 ACT.6):20:少年チャンピオン:87/08/07
	ミッドナイト:ACT.15(第6巻 ACT.7):20:少年チャンピオン:86/08/08
	ミッドナイト:ACT.41(第6巻 ACT.8):20:少年チャンピオン:87/02/20
	ミッドナイト:ACT.22(第6巻 ACT.9):20:少年チャンピオン:86/09/26

ロストワールド(私家版):1:講談社:手塚治虫漫画全集 360:208:94/12/14
	ロストワールド(私家版):第1巻:196:(私家版):43?

ロストワールド(私家版):2:講談社:手塚治虫漫画全集 361:208:95/01/17
	ロストワールド(私家版):第2巻:194:(私家版):43?
	あとがきにかえて::3:「日本名作漫画館〔SF編〕」(名著刊行会):82/02/28

火の鳥:13:講談社:手塚治虫漫画全集 362:256:94/03/17
	火の鳥:生命編:138:マンガ少年:80/08,80/09,80/10,80/11,80/12
	火の鳥:異形編:112:マンガ少年:81/01,81/02,81/03,81/04

火の鳥:14:講談社:手塚治虫漫画全集 363:248:95/07/17
	火の鳥:太陽編 第1巻:242:野性時代:86/01,86/02,86/03,86/04,86/05,86/08,86/09,86/10

火の鳥:15:講談社:手塚治虫漫画全集 364:264:95/08/17
	火の鳥:太陽編 第2巻:260:野性時代:86/01,86/02,86/04,86/05,86/06,86/11,86/12,87/03,87/04,87/06,87/07,87/08,87/11

火の鳥:16:講談社:手塚治虫漫画全集 365:240:95/09/16
	火の鳥:太陽編 第3巻:233:野性時代:86/06,86/07,87/01,87/02,87/03,87/11,87/12,88/01,88/02

ブラック・ジャック:19:講談社:手塚治虫漫画全集 366:224:95/02/16
	ブラック・ジャック:医者はどこだ!:24:少年チャンピオン:73/11/19
	ブラック・ジャック:人間鳥:23:少年チャンピオン:73/12/17
	ブラック・ジャック:恐怖菌(原題:死に神の化身):20:少年チャンピオン:74/10/28
	ブラック・ジャック:こっぱみじん:20:少年チャンピオン:75/05/19
	ブラック・ジャック:望郷:21:少年チャンピオン:76/03/01
	ブラック・ジャック:戦場ケ原のゴリベエ:20:少年チャンピオン:76/08/30
	ブラック・ジャック:音楽のある風景:20:少年チャンピオン:77/01/17
	ブラック・ジャック:闇時計:21:少年チャンピオン:77/06/06
	ブラック・ジャック:カプセルをはく男:20:少年チャンピオン:78/07/03
	ブラック・ジャック:話し合い:25:少年チャンピオン:80/09/15

ブラック・ジャック:20:講談社:手塚治虫漫画全集 367:240:95/05/17
	ブラック・ジャック:海のストレンジャー:23:少年チャンピオン:73/11/26
	ブラック・ジャック:執念:21:少年チャンピオン:76/06/14
	ブラック・ジャック:命のきずな:21:少年チャンピオン:77/05/16
	ブラック・ジャック:アヴィナの島:21:少年チャンピオン:77/09/05
	ブラック・ジャック:戦争はなおも続く:21:少年チャンピオン:78/06/26
	ブラック・ジャック:刻印:20:少年チャンピオン:78/08/28
	ブラック・ジャック:過ぎさりし一瞬:94:少年チャンピオン:82/06/11,82/06/18,82/06/25,82/07/02

ネオ・ファウスト:1:講談社:手塚治虫漫画全集 368:208:95/11/16
	ネオ・ファウスト:第1部 (1):201:ASAHI Journal:88/01/01・08,88/01/15,88/01/22,88/01/29,88/02/05,88/02/12,88/02/19,88/02/26,88/03/04,88/03/11,88/03/18,88/03/25,88/05/20,88/05/27,88/06/03,88/06/10,88/06/17,88/06/24,88/07/01,88/07/08

ネオ・ファウスト:2:講談社:手塚治虫漫画全集 369:224:95/12/14
	ネオ・ファウスト:第1部 (2):177:ASAHI Journal:88/07/15,88/07/22,88/07/29,88/08/05,88/08/12,88/08/19,88/08/26,88/09/02,88/09/09,88/09/16,88/09/23,88/09/30,88/10/07,88/10/14,88/10/21,88/10/28,88/11/04,88/11/11
	ネオ・ファウスト:第2部:21(及び、未完成絵コンテ 7):ASAHI Journal:88/12/09,88/12/16
	あとがきにかえて::6:朝日カルチャーセンター講演より:88/09/27

ブラック・ジャック:21:講談社:手塚治虫漫画全集 370:248:96/01/17
	ブラック・ジャック:純華飯店:18:少年チャンピオン:74/09/09
	ブラック・ジャック:光る目:20:少年チャンピオン:74/11/04
	ブラック・ジャック:死者との対話:20:少年チャンピオン:76/02/09
	ブラック・ジャック:もう一人のJ:20:少年チャンピオン:76/03/08
	ブラック・ジャック:白い正義:23:少年チャンピオン:77/02/21
	ブラック・ジャック:命を生ける:21:少年チャンピオン:77/11/28
	ブラック・ジャック:腫瘍狩り:20:少年チャンピオン:78/01/01
	ブラック・ジャック:浮世風呂:22:少年チャンピオン:78/01/09
	ブラック・ジャック:20年目の暗示:22:少年チャンピオン:78/02/13
	ブラック・ジャック:裏目:20:少年チャンピオン:78/06/05
	ブラック・ジャック:笑い上戸:30:少年チャンピオン:83/06/10

ブラック・ジャック:22:講談社:手塚治虫漫画全集 371:240:96/05/16
	ブラック・ジャック:アナフィラキシー:29:少年チャンピオン:73/12/10
	ブラック・ジャック:木の芽:21:少年チャンピオン:74/04/15
	ブラック・ジャック:コルシカの兄弟:20:少年チャンピオン:75/02/10
	ブラック・ジャック:夜明けのできごと:20:少年チャンピオン:76/08/23
	ブラック・ジャック:きたるべきチャンス:19:少年チャンピオン:76/09/13
	ブラック・ジャック:あつい夜:22:少年チャンピオン:77/05/23
	ブラック・ジャック:猫上家の人々:22:少年チャンピオン:77/08/22
	ブラック・ジャック:台風一過:21:少年チャンピオン:78/09/11
	ブラック・ジャック:B・Jそっくり:22:少年チャンピオン:82/01/01
	ブラック・ジャック:オペの順番:25:少年チャンピオン:83/10/14

アドルフに告ぐ:1:講談社:手塚治虫漫画全集 372:264:96/06/17
	アドルフに告ぐ:第1章:48:週刊文春:83/01/06,83/01/13,83/01/20,83/02/10,83/02/17
	アドルフに告ぐ:第2章:55:週刊文春:83/02/17,83/02/24,83/03/03,83/03/10,83/03/17,83/03/24
	アドルフに告ぐ:第3章:28:週刊文春:83/01/20,83/01/27,83/02/03
	アドルフに告ぐ:第4章:41:週刊文春:83/03/31,83/04/07,83/04/14,83/04/21
	アドルフに告ぐ:第5章:46:週刊文春:83/04/28,83/05/05,83/05/12,83/05/19,83/05/26
	アドルフに告ぐ:第6章:33:週刊文春:83/05/26,83/06/02,83/06/09,83/06/16

アドルフに告ぐ:2:講談社:手塚治虫漫画全集 373:256:96/07/17
	アドルフに告ぐ:第7章:43:週刊文春:83/06/23,83/06/30,83/07/07,83/07/14
	アドルフに告ぐ:第8章:29:週刊文春:83/07/21,83/07/28,83/08/04
	アドルフに告ぐ:第9章:26:週刊文春:83/08/04,83/08/11,83/08/18・25,83/09/01
	アドルフに告ぐ:第10章:26:週刊文春:83/09/01,83/09/08,83/09/15
	アドルフに告ぐ:第11章:18:週刊文春:83/10/06,83/10/13
	アドルフに告ぐ:第12章:38:週刊文春:83/09/22,83/09/29,83/10/13,83/10/20,83/10/27
	アドルフに告ぐ:第13章:35:週刊文春:83/10/27,83/11/03,83/11/10,83/11/17
	アドルフに告ぐ:第14章:26:週刊文春:83/11/24,83/12/01,83/12/08

アドルフに告ぐ:3:講談社:手塚治虫漫画全集 374:272:96/08/12
	アドルフに告ぐ:第15章:57:週刊文春:83/12/08,83/12/15,83/12/22・29,84/01/05,84/01/12,84/01/19
	アドルフに告ぐ:第16章:31:週刊文春:84/01/26,84/02/02,84/02/09
	アドルフに告ぐ:第17章:53:週刊文春:84/02/09,84/02/16,84/02/23,84/03/01,84/03/08,84/03/15
	アドルフに告ぐ:第18章:42:週刊文春:84/03/15,84/03/22,84/03/29,84/04/05,84/04/12
	アドルフに告ぐ:第19章:37:週刊文春:84/04/12,84/04/19,84/04/26,84/05/03
	アドルフに告ぐ:第20章:41:週刊文春:84/05/10,84/05/17,85/05/24,84/05/31

アドルフに告ぐ:4:講談社:手塚治虫漫画全集 375:240:96/09/17
	アドルフに告ぐ:第21章:42:週刊文春:84/06/07,84/06/14,84/06/21,84/06/28
	アドルフに告ぐ:第22章:31:週刊文春:84/07/05,84/07/12,84/07/19
	アドルフに告ぐ:第23章:31:週刊文春:84/07/26,84/08/02,84/08/09
	アドルフに告ぐ:第24章:10:週刊文春:84/08/16・23
	アドルフに告ぐ:第25章:31:週刊文春:84/08/30,84/09/06
	アドルフに告ぐ:第26章:52:週刊文春:84/09/13,84/09/20,84/09/27,84/10/04,84/10/11
	アドルフに告ぐ:第27章:32:週刊文春:84/10/18,84/10/25,84/11/01

アドルフに告ぐ:5:講談社:手塚治虫漫画全集 376:264:96/10/17
	アドルフに告ぐ:第28章:42:週刊文春:84/11/08,84/11/15,84/11/22,84/11/29
	アドルフに告ぐ:第29章:21:週刊文春:84/12/06,85/02/21
	アドルフに告ぐ:第30章:11:週刊文春:85/02/28
	アドルフに告ぐ:第31章:32:週刊文春:85/03/07,85/03/14,85/03/21
	アドルフに告ぐ:第32章:24:週刊文春:85/03/28,85/04/04
	アドルフに告ぐ:第33章:44:週刊文春:85/04/11,85/04/18,85/04/25,85/05/02
	アドルフに告ぐ:第34章:20:週刊文春:85/05/09
	アドルフに告ぐ:第35章:38:週刊文春:85/05/16,85/05/23,85/05/30
	アドルフに告ぐ:第36章:8:週刊文春:85/05/30
	「『アドルフに告ぐ』回想」(抜粋)::6:手塚ファンmagazine Vol.57:85/06
	著者に聞く(抜粋)::5:中学教育:86/04
	著者インタビュー(抜粋)::2:女性セブン:86/03/13

魔神ガロン:3:講談社:手塚治虫漫画全集 377:224:96/11/15
	魔神ガロン:第3巻:214:冒険王:60/07,60/08,60/09,60/10,60/11,60/12,61/01,61/02,61/03

魔神ガロン:4:講談社:手塚治虫漫画全集 378:200:96/12/13
	魔神ガロン:第4巻:194:冒険王:61/04,61/05,61/06,61/07,61/08,61/09,61/10,61/11,61/12

魔神ガロン:5:講談社:手塚治虫漫画全集 379:216:97/01/17
	魔神ガロン:第5巻:148:冒険王:62/01,62/02,62/03,62/04,62/05,62/06,62/07
	どんぐり行進曲::61:少年クラブ:59/01,59/02,59/03,59/04,59/05,59/06

ワンサくん::講談社:手塚治虫漫画全集 380:224:97/06/17
	ワンサくん::80:てづかマガジンれお:71/10,71/11,71/12,72/01,72/02
	らびちゃん::43:たのしい幼稚園 → たのしい一年生:60/04,60/05,60/06,60/07,60/08,60/09,60/10,60/11,60/12,61/01,61/02,61/03,61/04,61/05,61/06,61/07,61/08,61/09,61/10,61/11,61/12
	とべとべるんちゃん::14:たのしい一年生:59/01,59/02,59/03
	ぽっかち::43:小学一年生:69/04,69/05,69/06,69/07,69/08,69/09
	海のトリトン::31:テレビマガジン,たのしい幼稚園(最初の8頁はテレビマガジン72/05に掲載、以降の頁は、たのしい幼稚園72/05から連載):72/05,72/06,72/07,72/08,72/09

少年探偵ロック・ホーム::講談社:手塚治虫漫画全集 381:256:97/09/17
	少年探偵ロック・ホーム:蜘蛛島の巻:12:冒険紙芝居:49/12
	少年探偵ロック・ホーム:海流発電の巻:14:冒険紙芝居:49/10
	少年探偵ロック・ホーム:電気ボールの巻:11:冒険紙芝居:49/11
	少年探偵ロック・ホーム:ニシキヘビの巻:12:少年界:49/01
	くるったジャングル::17:漫画と読物:50/05/15 春の臨時増刊号 付録 漫画世界
	氏神さまの火::17:漫画と読物:50/08/10 夏の増刊号
	村の踊り子::10:冒険王:53/02 付録 傑作漫画ブック
	足あと温泉::17:漫画と読物:50/11/15 秋の増刊号
	カノコの應援團長::9:漫画と読物:50/12/15 臨時増刊 オール傑作読切野球漫画特集
	凸凹牧場::9:こどもブック:51/10
	凸凹剣士::9:こどもブック:52/01
	ほろ馬車くん::8:おもしろブック:52/01/10 増刊 痛快読物と漫画号
	13の秘密::9:少年クラブ:53/01/15 新年増刊号
	まぼろしの円盤::9:少年クラブ:53/08/15 夏の大増刊号
	フォード32年型::9:少年クラブ:54/01/15 お正月大増刊号
	宇宙狂想曲::66:少年画報:53/09 付録
	あとがきにかえて(宇宙狂想曲のおもい出)::2:まんがのむし復刻シリーズ 第3号「宇宙狂想曲」(全日本マンガファン連合):75/04/01

とんから谷物語::講談社:手塚治虫漫画全集 382:240:97/12/16
	とんから谷物語::89:なかよし:55/01,55/02,55/03,55/04,55/05,55/06,55/07,55/08,55/09,55/10,55/11,55/12,56/01,56/02,56/03
	うたえペニーよ::9:少女クラブ:53/01/15 正月増刊号
	シルクハット物語::15:少女:54/03,54/04
	リボンの騎士:チンクと金のたまご:17:少女クラブ:54/08/20 夏休み増刊号
	白いくびの子がも::4:主婦と生活:56/05
	金のうろこ::4:主婦と生活:56/10
	おかあさんの足::4:主婦と生活:57/02
	舞踏会へきた悪魔::8:少女:57/01
	母の眼ばなし::8:少女:57/03
	ミニヨン::10:少女:57/04/15 春の増刊号
	つるの泉::23:少女クラブ:56/02,56/03,56/04

手塚治虫エッセイ集:1:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻1 383:224:96/02/16
	手塚治虫自伝(原題:ぼくはマンガ家)::217:毎日新聞社 書き下ろし:69/05/25

手塚治虫小説集::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻2 384:208:96/03/16
	蟻人境(小説)::166:中学生の友一年 → 中学生の友二年:58/04,58/05,58/06,58/07,58/08,58/09,58/10,58/11,58/12,59/01,59/02,59/03,59/04,59/05,59/06,59/07
	ハッピーモルモット(小説)::6:日本読書新聞:62/01/01
	傍のあいつ(小説)::10:小説中央公論:62/10
	あの世の終り(小説)::5:話の特集:67/06
	妖蕈譚(小説)::15:「キノコの不思議」(光文社):86/09/30

手塚治虫のまんが専科::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻3 385:192:96/04/17
	手塚治虫のまんが専科(エッセイ):はじめに:2:「まんが専科初級編」(虫プロ商事):69/12/25
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第1章 まんが家のタマゴ、出版社へ:12:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第2章 加藤くん、まんが家になる決心をする:15:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第3章 案というのは、こんなに難しい:21:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第4章 子どもまんがの今まで:8:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第5章 アシスタント生活:25:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 基礎編)(文とイラスト):第6章 まんが家第一歩:17:少年ブック:68/01 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 応用編)(文とイラスト):第7章 手塚治虫にキッサ店で会う:31:少年ブック:68/02 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 応用編)(文とイラスト):第8章 ストーリーまんがはこうしてできる:24:少年ブック:68/02 付録
	手塚治虫のまんが専科(原題:マンガ大学 応用編)(文とイラスト):第9章 新連載大ヒット:21:少年ブック:68/02 付録
	手塚治虫のまんが専科(エッセイ):おわりに:1:「まんが専科初級編」(虫プロ商事):69/12/25

手塚治虫シナリオ集::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻4 386:208:96/07/17
	100万年地球の旅 バンダーブック シナリオ::91:日本テレビ放映(78/08/27):78/11/10
	鉄腕アトム ブラック・ジャックの大作戦 シノプシス::8:日本テレビ放映:81/04/08
	鉄腕アトム アトムの初恋 シナリオ::30:日本テレビ放映:81/12/23
	ユニコ魔法の島へ シノプシス::23:-:83/07/16
	火の鳥 シナリオ::63:スペース・ゼロ公演:89/02/08

手塚治虫エッセイ集:2:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻5 387:224:96/09/17
	アニメーションは“動き”を描く(エッセイ)::31:「12人の作家によるアニメーションフィルムの作り方」(主婦と生活社):80/08/11
	わがアニメ狂いの記(エッセイ)::15:文芸春秋デラックス アニメーションの本:77/10
	虫プロ奮戦記(エッセイ)(初出時にはカット3点付き)::8:週刊読売:73/11/24
	二つのアニメーション − 『夕鶴』と『白鳥の湖』 −(エッセイ)::5:音楽の友:66/11
	ウォルト・ディズニー − マンガ映画の王者 −(エッセイ)::10:朝日ジャーナル:73/06/15
	ニューヨークのディズニー(エッセイ)::5:文芸春秋:67/05
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):ディズニープロを訪ねて:4:ノアの方舟 8号:80/01/01
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):そして今またディズニー:5:爽 135号:81/12/01
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):アトムはミッキーの甥っ子みたいなもの:4:キネマ旬報:88/11/下旬
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):『ファンタジア』にえがかれた過去と未来への讃歌:5:『ファンタジア』プログラム:87/08/29
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):新ジャンルの先鞭をつけた映画『トロン』:5:キネマ旬報:82/09/上旬
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):『キャプテンEO』を見たくて!:7:キネマ旬報:87/04/下旬
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):『ロジャー・ラビット』の魅力1:11:『ロジャー・ラビット』プログラム:88/11/26
	ウォルト・ディズニー(エッセイ):『ロジャー・ラビット』の魅力2:6:キネマ旬報:88/09/下旬
	瀕死のアニメーション(エッセイ)::19:話の特集:79/07
	『指輪物語』ばんざい(エッセイ)::10:スクリーン:79/04
	中国アニメ界の現状(エッセイ)::4:週刊朝日:80/12/19
	鉄腕アトム中国へ飛ぶ(エッセイ)::4:朝日新聞夕刊:80/12/26
	アヌシー国際アニメーションフェスティバル(エッセイ)::6:キネマ旬報:83/07/下旬
	鳥のアニメーション(エッセイ)::7:野鳥:84/06
	アニメーション『バギ』の誕生(エッセイ)::4:キネマ旬報:84/07/下旬
	アニメーションの魅力(エッセイ)::7:MILLIMETER MAGAZINE(アメリカの雑誌):87/07
	パリでアニメーション(エッセイ)::8:キネマ旬報:87/06/上旬
	ネズミのアニメーション(エッセイ)::6:キネマ旬報:87/06/下旬
	『風が吹くとき』(エッセイ)::3:『風が吹くとき』プログラム:87/07/25
	ユーリ・ノルシュテイン(エッセイ)::5:季刊映像学:88/05/20
	アニメーションは脱皮の季節(エッセイ)::5:朝日新聞夕刊:87/10/19

手塚治虫対談集:1:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻6 388:200:96/11/15
	宇宙は笑う(対談)(小松左京氏)::20:宝石:69/09
	女は突然変身する(対談)(北杜夫氏)::37:女性セブン,「マンボウぱじゃま対談 男性かいぼう編」(集英社):77/06/23,78/09/25
	のらくろとアトム(対談)(田河水泡氏)::24:国際写真情報:67/08
	宇宙意識の目覚め(対談)(横尾忠則氏)::34:「宇宙瞑想」(平河出版社):80/03/20
	マンガは反逆のメッセージ(対談)(ジュディ・オング氏)::20:新評:78/11
	いまコミックに何を求めるか(対談)(尾崎秀樹氏)::13:新刊展望:76/06
	鉄腕オサムの家庭教育(対談)(磯村尚徳氏)::13:NHK おかあさんの勉強室:77/08
	アニメ映画と心中する(対談)(石ノ森章太郎、松本零士氏)::28:リュウ Vol.7,アニメージュ:80/09/01,80/07

手塚治虫エッセイ集:3:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻7 389:224:97/01/17
	SFマンガについて(エッセイ)::1:「手塚治虫漫画選集 10 宇宙空港」(鈴木出版):60/09/05
	「科学マンガ」というおかしなものについて(エッセイ)::2:「0マン 4」(集英社):60/12/28
	SFと私(エッセイ)::2:「ロック冒険記 1」(コダマプレス):66/05/10
	SFと私(つづき)(エッセイ)::2:「ロック冒険記 2」(コダマプレス):66/08/10
	時代マンガと私(エッセイ)::1:「新選組」(コダマプレス):66/10/01
	「スーパー太平記」のこと(エッセイ)::3:「スーパー太平記」(少年画報社):67/08/20
	西部劇マンガと私(エッセイ)::6:「少年漫画劇場 第8巻」(筑摩書房):71/08/05
	私と「ジャングル大帝」(エッセイ)::2:鉄腕アトムクラブ:65/10
	「ジャングル大帝」について(エッセイ)::3:「交響詩ジャングル大帝」(日本コロムビアレコード、CS-7015):66/11
	「火の鳥」と私(エッセイ)::5:「火の鳥 黎明編」(虫プロ商事):69/12/25
	「火の鳥」のロマン(エッセイ)::5:旅:83/01
	アトムと私(エッセイ)::2:「鉄腕アトム ロボットの科学」(光文社):65/09/15
	鉄腕アトムのおいたちと歴史:その1:3:「鉄腕アトム 13」(サンコミックス):75/12/25
	鉄腕アトムのおいたちと歴史:その2:3:「鉄腕アトム 14」(サンコミックス):76/01/30
	鉄腕アトムのおいたちと歴史:その3:3:「鉄腕アトム 20」(サンコミックス):76/06/10
	ボク流のマンガの作り方(エッセイ)::4:鉄腕アトムクラブ:65/08
	アシスタント(エッセイ)::5:鉄腕アトムクラブ:66/11
	手塚治虫への弔辞(エッセイ)::7:話の特集:66/10
	おとなマンガ家よアグラをかくな−−まいまいかぶり1−−(エッセイ)::2:COM 付録「弁慶」:68/04
	劇画について−−まいまいかぶり2−−(エッセイ)::2:COM 付録「弁慶」:68/04
	ささやかな自負(エッセイ)::4:児童心理:73/09
	マンガ空気論(エッセイ)::7:りーど:74/09
	マンガ五十年(エッセイ)::5:日本の老舗 64号:75/01/01
	かわいらしさをどう表現するか(エッセイ)::8:アニマ:78/04
	ボクとオンナのマンガ(エッセイ)::2:「フースケ」(奇想天外社):76/06/01
	動物マンガの美女たち(エッセイ)::3:「朝日ラルース 週刊世界動物百科」(朝日新聞社):71/06/06
	怪獣と恐竜(エッセイ)::3:「朝日ラルース 週刊世界動物百科」(朝日新聞社):71/06/13
	東西変身譚(エッセイ)::3:「朝日ラルース 週刊世界動物百科」(朝日新聞社):71/06/20
	外国の動物マンガ(エッセイ)::3:「朝日ラルース 週刊世界動物百科」(朝日新聞社):71/06/27
	二つのタイプ(エッセイ)::2:読書グループ:72/07/15
	親愛なる妖怪たち(エッセイ)::4:宝石:62/05
	手塚治虫的ドラキュラ(エッセイ)::3:「ドラキュラその愛」プログラム:84/12/04
	SFマンガ紹介(エッセイ)::10:SFマガジン:62/01
	鉄腕アトムとスーパーマン(エッセイ)::4:月刊スーパーマン:78/01
	アメリカン・コミックの巨匠ウィンザー・マッケイ(エッセイ)::2:ほのぼの:84/03
	ブラジルのディズニー(エッセイ)::3:日刊ゲンダイ:84/10/23
	田河水泡−−「のらくろ」の魅力−−(エッセイ)::5:「のらくろ漫画全集」(講談社):67/05/25
	のらくろの思い出(エッセイ)::3:「のらくろ漫画大全」(講談社):88/12/15
	のらくろもどき::4:丸:84/02
	21せいきのフクちゃん::1(4コマ):第2回「隆一展」(渋谷東急百貨店):86/11/07 - 86/11/12
	島田啓三−−「冒険ダン吉」の魅力−−(エッセイ)::5:「少年倶楽部文庫 冒険ダン吉 1」(講談社):76/02/16
	山川惣治先生(エッセイ)::2:「少年ケニヤ」プログラム:84/03/10
	うしおそうじさん(エッセイ)::1:「うしおそうじ傑作選」(サイハート):86/06/25
	杉浦茂先生(エッセイ)::1:「杉浦茂ワンダーランド 別巻」(ペップ出版):88/09/20
	藤子さんは凸凹コンビです(エッセイ)::4:「藤子不二雄自選集 8」(小学館):81/08/15
	『体験的作家論 石森章太郎・落書ノート』を読んで(エッセイ)(正しくは『体験的創作論…』)::5:本の窓 第12号:81/03/20
	横山光輝さんのこと(エッセイ)::4:「復刻版鉄人28号 第3巻」(大都社):79/03/20
	松本零士さん1(エッセイ)::4:テレビランド増刊 松本零士の世界:77/12/25
	松本零士さん2(エッセイ)::3:週刊少年キング増刊 アニメ画集 銀河鉄道999:78/01/22
	永島慎二氏の人と作品1(エッセイ)::1:第17回 <昭和46年度> 小学館漫画賞要項:72
	永島慎二氏の人と作品2(エッセイ)::1:「漫画家残酷物語〔全〕」(朝日ソノラマ):75/12(但し、掲載されたのは、93/12/25 の「新版 漫画家残酷物語〔全〕」)
	大友克洋のカミソリ感覚(エッセイ)::2:ユリイカ臨時増刊号 総特集 大友克洋:88/08/25
	ファンタジーなんか書けません(エッセイ)::4:「空想の部屋」(世界思想社):79/05/20
	転向マンガ家(エッセイ)::2:文芸春秋:82/01
	マンガの教科書(エッセイ)::4:思想の科学:82/03
	マンガの商品化(エッセイ)::2:「'83−'84日本ライセンシング年鑑」(商品化権資料センター):83/09/30
	マンガ大国日本(エッセイ)::2:翻訳の世界:85/04
	アメリカ・マンガ行脚(エッセイ)::5:朝日新聞夕刊:80/05/08
	サンディエゴのコミック・コンベンション(エッセイ)::5:文芸春秋:80/11
	七色いんこの国際漫画祭ルポ(エッセイとイラスト)::3:少年チャンピオン:82/02/26
	一コママンガについて(エッセイ)::2:中日新聞:86/01/01
	クリエートのヒント(エッセイ)::2:朝日新聞:80/12/25
	怒り。なぜ? それから?(エッセイ)::10:「想像力の冒険」(理論社):81/12

手塚治虫対談集:2:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻8 390:176:97/02/17
	OH! 漫画(対談)(大城のぼる、松本零士氏)::116:「OH! 漫画」(晶文社):82/06/25
	日本SFマンガの変遷(対談)(小松左京、松本零士氏)::41:別冊奇想天外 No.5 SFマンガ大全集:78/07/10

手塚治虫 漫画の奥義::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻9 391:184:97/03/17
	前口上・マンガとは何か(エッセイ)::8:子どもの文化:88/04
	誌上愛読者大会 脚本(絵物語)::2:歌劇:50/01
	マンガとの出会い(エッセイ)::84:子どもの文化:88/05,88/06,88/07,88/08,88/09
	戦争と「のらくろ」(エッセイ)::51:子どもの文化:88/10,88/11,88/12,89/03
	マンガの将来を考える(エッセイ)::31:子どもの文化:85/10

手塚治虫エッセイ集:4:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻10 392:240:97/04/17
	未来への小包(エッセイとカット)::4:「岩波講座 現代2 科学技術と現代」月報6(岩波書店):63/11/05
	鉄腕アトムと超特急(エッセイとカット)::3:サンケイ新聞:64/07/30
	二十一世紀の夢(エッセイ)::2:万国博ニュース:67/01
	アポロに思う(エッセイ)::3:読売新聞夕刊:69/07/22
	月をめぐる幻想(エッセイとイラスト)::5:アサヒグラフ:69/08/15
	私と万国博(エッセイ)::2:読売新聞:70/03/08
	アンドロイド“鉄腕アトム”の未来学(エッセイ)::5:週刊読売:70/04/24
	産業用ロボットと鉄腕アトム(エッセイ)::5:月刊ロボットエンジニアリング:82/09
	鉄腕アトムができる日(エッセイ)::4:「ロボット」(サンケイ出版):82/08/01
	懐かしい虫たち(エッセイ)::3:採集と飼育:62/04
	オオムラサキのことなど(エッセイ)::3:Voice:79/03
	レザリアムとぼくの作品(エッセイ)::4:マインドトリップ 第6号:77/09/25
	人ごとでない話(エッセイ)::2:大阪保険医雑誌:82/01/20
	介護ロボット販売競争が始まる(エッセイ)::3:「西暦2000年 そのとき日本は」(講談社):84/03/12
	タンクロー型住宅(エッセイとカット)::2:(掲載誌不明):72/10
	2001年ウサギ小屋(エッセイとカット)::4:神戸新聞:82/04/22
	二十一世紀の前夜祭(エッセイ)::3:東京新聞:85/03/16
	双方向システムとその実用性(エッセイ)::4:(掲載誌不明):85
	2001年の正月(エッセイ)::2:サンケイ新聞:85/01/01
	マイナスの未来予測(エッセイ)::3:読書のいずみ 18号:83/10/08
	土星の輪(エッセイ)::2:天文月報:84/03
	未知との不遭遇(エッセイ)::2:季刊へるめす 13号:87/12/03
	この小さな地球の上で(エッセイ)::6:「NHK地球大紀行 第1集」(日本放送出版協会):87/02/05
	地球の新品(エッセイ)::3:朝日新聞:87/09/20
	未来へ(エッセイ)::2:読売新聞:85/08/31?
	これからの旅行界(エッセイ)::2:旅:66/11
	旅で決まる運・不運!(エッセイ)::2:旅:67/06
	アトムといっしょにヨーロッパ旅行(エッセイとカット)::7:少年:66/01
	ボクの旅行記1(エッセイとカット)::5:鉄腕アトムクラブ:65/12
	ボクの旅行記2(エッセイとカット)::5:鉄腕アトムクラブ:66/01
	ボクの旅行記3(エッセイとカット)::5:鉄腕アトムクラブ:66/02
	ニューヨーク博見てある記(エッセイとカット)::7:週刊サンケイ:64/05/18
	鉄腕アトムのカナダ万国博見物(エッセイとカット)::6:サンケイ新聞:67/06/05
	モントリオール万国博::1:漫画サンデー:67/07/05
	酒中日記 阿呆失格(エッセイ)::6:小説現代:68/11
	漫画集団の旅行(エッセイ)::2:週刊新潮:70/10/03
	快食快眠快便 アルプスの和風トイレ(エッセイ)::3:オール読物:71/12
	味覚採点 ゲテモノ食い(エッセイ)::3:オール読物:62/10
	食べる話(エッセイ)::4:(掲載誌不明):74
	鬼瓦の味(エッセイ)::3:すまい:70/01
	もうひとつのサービス(エッセイ)::3:(掲載誌不明):73
	イースター島は世界のヘソだ(エッセイとカット)::33:Apache:77/12/08,77/12/23,78/01/08
	ナスカは宇宙人基地ではない(エッセイ)::9:SFマガジン:78/02
	アンデスの不可思議(エッセイ)::3:Winds:81/10
	アマゾンの日系一世たち(エッセイ)::3:月刊みんぱく:85/01
	中国往来(エッセイ)::3:四季の味 No.34 夏:81/07/08
	旅と酒(エッセイ)::2:京都新聞夕刊:85/11/05
	日記から(エッセイ):土砂降り:1:朝日新聞夕刊:83/07/04
	日記から(エッセイ):赤黄黒白:1:朝日新聞夕刊:83/07/05
	日記から(エッセイ):十一人目:1:朝日新聞夕刊:83/07/06
	日記から(エッセイ):北京空港:1:朝日新聞夕刊:83/07/07
	日記から(エッセイ):ピカソの壷:1:朝日新聞夕刊:83/07/08
	日記から(エッセイ):立ち往生:1:朝日新聞夕刊:83/07/09
	日記から(エッセイ):兎小屋:1:朝日新聞夕刊:83/07/11
	日記から(エッセイ):腕白坊主:1:朝日新聞夕刊:83/07/12
	日記から(エッセイ):村の名所:1:朝日新聞夕刊:83/07/13
	日記から(エッセイ):マーフィーの法則:1:朝日新聞夕刊:83/07/14
	日記から(エッセイ):著作権:1:朝日新聞夕刊:83/07/15
	日記から(エッセイ):異邦人:1:朝日新聞夕刊:83/07/16
	上海とクスコで(エッセイ)::2:アテナスポット No.43:84/02/01
	スペースシャトルの思い出(エッセイ)::2:朝日科学スペシャル「ザ・宇宙遊泳」(大阪 富士通ドームシアター)カタログ(朝日新聞社):87/03/21 - 87/09/23
	旅のお礼状(エッセイ)::2:郵政:88/09
	サ・セ・パリ・サミット(エッセイ)::6:キネマ旬報:85/08/下旬
	男の花道(エッセイ)::6:キネマ旬報:87/07/下旬

手塚治虫対談集:3:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻11 393:216:97/05/16
	おかしな!おかしな!漫画家の世界(対談)(松本零士、萩尾望都氏)::30:増刊リリカ:78/01/01
	SF映画が好きなんだ!(対談)(石上三登志氏)::51:季刊映画宝庫 第6号:78/04/01
	アメ・コミを語る(対談)(小野耕世氏)::20:月刊スーパーマン 第13号:79/02
	鉄路の白バラ::1:漫画少年:54/05
	ぼくたちは美しい批評家をかかえている(対談)(阿久悠氏)::16:月刊You:79/04
	『鉄腕アトム』が予言していた夢(対談)(合田周平氏)::12:中央公論:84/10
	メジャーとマイナー(対談)(諸星大二郎、星野之宣氏)::19:スーパーアクション:85/06
	時代の気分を語る(対談)(筑紫哲也氏)::12:朝日ジャーナル:87/01/02・09
	現代マンガに試練の嵐を!(対談)(石ノ森章太郎氏)::43:「漫画超進化論」(河出書房新社):89/03/20
	大自然と空想:第3回:2:漫画少年:53/02

手塚治虫エッセイ集:5:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻12 394:232:97/06/17
	観客がいっぱい(絵と文)::4:スクリーン:60/08
	ヌーヴェル・ヴァーグ演出の極意(絵と文)::11:スクリーン:60/06
	ファンタジー映画への誘い(エッセイ)::2:銀座百点:64/10
	無邪気な手法で成功した“飛ぶ夢”「フィフィ大空をゆく」(エッセイ)::3:婦人公論:66/02
	ミクロ世界と人間の危機「ミクロの決死圏」(エッセイ)::5:映画芸術:66/11
	テレビ番組「アンデルセン物語」(エッセイ)::4:季刊子どもの本棚 9号:73/07/31
	とにかく傑作「猿の惑星」(エッセイ)::4:「最後の猿の惑星」プログラム:73/07/21
	世界怪物怪獣映画ベスト10(エッセイ)::2:「世界怪物怪獣大全集」(キネマ旬報社):67/05/15
	SF映画ベスト10(エッセイ)::2:ロードショー:73/10
	私のコロンボ(エッセイ)::1:「刑事コロンボ 20 自縛の紐」(二見書房):75/12/27
	ライバル物語(エッセイ)::4:Apache 創刊号:77/07/23
	SF映画の魅力(エッセイ)::4:Apache 2号:77/08/08
	悪魔映画の系譜(エッセイ)::4:Apache 3号:77/08/23
	ナチの軍服(エッセイ)::4:Apache 7号:77/10/23
	SF的冒険映画(エッセイ)::5:Apache 9号:77/11/23
	ビバ!! チャップリン(エッセイとカット)::5:Apache 10号:77/12/08
	ウラミツラミの「カプリコン・1」(エッセイ)::4:Apache 11号:77/12/23
	映画の中の妖精たち(エッセイ)::3:ユリイカ:79/08
	宇宙的ヒューマニズムの謳歌「未知との遭遇」(エッセイ)::7:SFマガジン:78/03
	正統派イギリス・サスペンスの復活「雨の午後の降霊祭」(エッセイ)::6:キネマ旬報:79/08/上旬
	典型的なハリウッド映画「スーパーマン」(エッセイ):1:6:スクリーン:79/08
	典型的なハリウッド映画「スーパーマン」(エッセイ):2:3:キネマ旬報:81/04/下旬
	典型的なハリウッド映画「スーパーマン」(エッセイ):3:4:「スーパーマン II 冒険篇」プログラム:81/06/27
	「COSMOS」第一話をみて(エッセイ)::4:週刊TVガイド:80/11/07
	映画の楽しみ(エッセイ)::3:読売新聞西日本版夕刊:81/08/12
	“新人類映画”としての「ストーカー」(エッセイ)::6:「ストーカー」プログラム:81/10/31
	スピルバーグと黒澤明「レイダース」(エッセイ)::2:キネマ旬報:81/11/下旬
	J・J・アノー監督会見記「人類創世」(エッセイとカット)::8:キネマ旬報:82/06/下旬
	ディズニー調の人情SF「E.T.」(エッセイ)::2:アサヒグラフ:82/11/05
	誠実な“愛”の物語「グレイストーク」(エッセイとカット):1:5:キネマ旬報:84/06/下旬
	誠実な“愛”の物語「グレイストーク」(エッセイ):2:4:「グレイストーク」プログラム:84/07/14
	SF映画のルーツ「メトロポリス」(エッセイ)::5:「メトロポリス」プログラム:85/01/19
	こわく“切ない”映画「ザ・フライ」(エッセイ)::5:キネマ旬報:86/12/下旬
	斬新な戦争映画「プラトーン」(エッセイ)::5:キネマ旬報:87/03/下旬
	暗黒のドキュメンタリー「ゆきゆきて、神軍」(エッセイ)::5:キネマ旬報:87/08/下旬
	あっけらかん(エッセイ)::3:「青いドラキュラ赤いドラキュラ」(北宋社):83/10/15
	デジタル人間 石上三登志(エッセイ)::4:「SF映画の冒険」(新潮文庫)解説:86/06/25
	黒澤明さんの国際性(エッセイ)::4:「全集黒澤明」(岩波書店)第4巻月報:88/02/18
	「七人の侍」を聴く(エッセイ)::3:朝日新聞夕刊:85/04/25
	外国映画音楽ベスト5(エッセイ)::1:キネマ旬報:82/06/上旬
	アメリカ映画 私の好きな作品、男優、女優(エッセイ)::1:週刊読売:76/03/13
	私の好きなフランス映画(エッセイ)::3:キネマ旬報:88/10/下旬
	ヨーロッパ映画ベスト1(エッセイ)::2:未発表(「手塚治虫大全2」(マガジンハウス、92/12/17)に収録):88/?
	外国映画史上ベスト10(エッセイ)::2:キネマ旬報:89/01/下旬
	日本映画史上ベスト10(エッセイ)::2:キネマ旬報:89/01/上旬
	芝居の楽しさ(エッセイとカット)::2:俳優座こどもの劇場 24「森は生きている」パンフレット:67/07/21
	能のロマンと現代(エッセイ)::3:若人のための能楽鑑賞会パンフレット:74/07
	インターナショナルな感動(エッセイ)::2:第10回NHK古典芸能鑑賞会チラシ:84/02/27
	ムメンシャンツに乾杯!(エッセイ)::3:「ムメンシャンツ」プログラム:85/06
	ブラームスからアトムマーチへ(エッセイとカット)::6:FMfan:73/01/01
	グローバルな音色の調理師 冨田勲(エッセイ)::4:放送文化:71/12
	モーツァルト−−哀愁のバッカス(エッセイ)::6:「私のモーツァルト」(帰徳書房):76/04/20
	「フィガロの結婚」と私(エッセイ)::3:公演パンフレット:67
	はじめてのLP(エッセイ)::3:(掲載紙不明):74/?
	ブラームスと私(エッセイ)::5:「世界の大音楽」(小学館)第16巻月報:71/10/15
	二つのバッハ(エッセイ)::2:レコード芸術:85/06
	テレマンぞっこん(エッセイ)::2:日本テレマン協会第66回定期演奏会パンフレット:88/07/15
	ぼくとチャイコフスキー(エッセイ)::4:音楽現代:81/04

手塚治虫エッセイ集:6:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻13 395:232:97/07/17
	わが想い出の記(エッセイとカット):1:8:「手塚治虫漫画選集 19 おれは猿飛だ 1」(鈴木出版):62/09/25
	わが想い出の記(エッセイ)(わが思い出の記(三)):2:5:「手塚治虫全集 3 0マン 2」(鈴木出版):65/02/23
	わが想い出の記(エッセイ)(わが思い出の記(五)):3:4:「手塚治虫全集 6 0マン 5」(鈴木出版):65/08/01
	ぼくの少年時代(絵と文)::2:少年クラブ:55/02
	うめぼし陰謀団::1:少年:55/04
	入学のよろこび(エッセイ)::3:小一教育技術:62/04
	作文のこと(エッセイ)::2:国語教育:66/11
	お盆の思い出(エッセイ)::2:「お盆だから、またあえるね」(創造集団ぱんだか):86
	母の肖像(エッセイ):1:2:子どものしあわせ:74/03
	母の肖像(エッセイ):2:4:民謡とわらべ歌:81/06
	母の肖像(エッセイ):3:7:PL:74/03
	母の昔話(エッセイとイラスト)::8:「堺正章のDo! ドゥ! Do!」(テレビ朝日):78/02/05 放映
	私の宝塚(エッセイ)::3:朝日新聞大阪版:84/03/20
	懐かしのプラネタリウム(エッセイとカット)::5:月刊うちゅう:85/07
	思い出の日記−−昭和二十年−−(エッセイ)::22:手塚ファンmagazine Vol.51,Vol.52,Vol.53,Vol.55,「北野中学の憶い出」(「北野中学の憶い出」刊行委員会):84/06/10,84/08/10,84/10/10,85/02/10,85/09/20
	闇市の温もりから(エッセイとカット)::4:「20歳への提言」(オーシャン・プラニング):78/01/10
	私の処女作(エッセイ)::2:週刊言論:70/05/29
	赤本描きの思い出(エッセイ)::4:日販通信:81/01
	ぼくと落語(エッセイ)::3:談志ひとり会パンフレット:88/02/09
	戦後SFマンガ第一号(エッセイ)::7:「SFファンタジア・マンガ編」(学習研究社):79/04/30
	スージーを抱いた日(エッセイ)::4:アサヒグラフ 動物園の100年:82/03/25 増刊号
	加藤謙一氏と私(エッセイ)::7:「『漫画少年』史」(湘南出版社):81/04/02
	トキワ荘前史(エッセイ)::5:「トキワ荘青春物語」(蝸牛社):87/06/10
	四畳半のロマン(エッセイとカット)::4:中央公論:83/03
	編集者からの逃亡(エッセイとカット)::9:キネマ旬報:87/02/上旬
	サラリーマン落第の記(エッセイとカット)::5:リクルートタイムズ:84/07/01
	ヌーヴェル・ヴァーグ西遊記(エッセイ)::4:オール読物:60/10
	らくがき事典:1:2:少年サンデー:59/08/16
	らくがき事典:2:2:少年サンデー:59/08/23
	みじめだったハネムーン(エッセイ)::3:マドモアゼル:63/05
	お金と私 一家総月給制(エッセイ)::3:婦人倶楽部:61/07
	パパの育児手帳 まったく落第(エッセイとカット)::3:週刊文春:64/12/21
	結婚五年目の宣言(エッセイ)::3:二人自身:65/05
	私の日常生活(エッセイ)::4:?:65
	アトムを売って(エッセイ)::3:文芸:64/03
	「ジャングル大帝」売り歩き(エッセイ)::3:サンケイ新聞夕刊:65/10/12
	アトムの死(エッセイ)::4:中央公論:67/04
	火の鳥:休憩:6:COM:71/11
	私の週間スタミナ食(エッセイ)::2:週刊現代:69/07/24
	ある一週間(エッセイ)::3:週刊朝日:71/10/15
	どん底の季節(エッセイ)::10:「くじけそうになった時に読む本」(PHP研究所):86/04/30
	文春漫画賞受賞(エッセイ)::4:文芸春秋:75/08
	私の仕事と生活(エッセイとカット)::3:潮:77/06
	私の168時間(エッセイ)::4:週刊小説:77/08/26
	わが家の男女同権(エッセイ)::7:日本経済新聞:75/12/01,75/12/02,75/12/03
	ケチのしつけ(エッセイ)::3:あっぷ No.9:80/11
	わが家の鳥たち(エッセイ)::3:野鳥:82/11
	晩年の母(エッセイ)::4:婦人公論:82/12
	息子への手紙(エッセイ)::4:PHP:87/08
	若さの証明(エッセイ)::3:PHP:85/08

手塚治虫対談集:4:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻14 396:232:97/08/12
	コミック−−過去・現在・未来(対談)(小松左京氏)::17:本の窓 秋号:81/09/20
	異界へのロマン(対談)(種村季弘氏)::14:国立劇場第七十一回歌舞伎公演「児雷也豪傑譚話」プログラム:75/03/05
	女性SF作家はなぜ少ない(対談)(萩尾望都氏)::29:別冊新評 SF−新鋭7人特集号:77/07/10
	マンガは国境を越える(座談会)(鶴見俊輔、中山茂氏)::58:歴史と社会 第6号:85/07/05
	天才は傲慢であるべき(対談)(立川談志氏)::14:BigA:85/04
	大阪はわが青春のとき(対談)(牧美也子氏)::13:Presentなにわ おおさかの街特集号:87/11/05
	二十世紀の印象(対談)(巖谷國士氏)::60:ユリイカ 詩と批評 特集 手塚治虫:83/02
	おやこ対談(対談)(手塚眞氏)(83/04/29)::12:手塚ファンmagazine:83/07

手塚治虫エッセイ集:7:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻15 397:240:97/09/17
	私の読書遍歴(エッセイ)::2:THE HIGH SCHOOL LIFE:68/04/01
	忘れられない本(エッセイ)::4:朝日新聞:77/05/16
	柳田國男の「日本民話考」(エッセイ)::2:高1コース:73/12
	岩波新書 私のすすめる三冊(エッセイ)::1:図書:88/09
	はじめて出会った本「赤ノッポ青ノッポ」(エッセイ)::2:子どもの本:81/01
	私と絵本(エッセイ):1:2:絵本 日本児童文学臨時増刊:71/12/11
	私と絵本(エッセイ):2:3:北海道新聞:76/03/28
	馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」(エッセイ):1:2:青少年文化 臨時増刊号 新しい絵本の世界:72/02/15
	馬場のぼるさんの「11ぴきのねこ」(エッセイ):2:1:「11ぴきのねこシリーズ」(こぐま社):80/06
	小川未明の童話(エッセイ)::2:「おおさか・きょうと・なら・こうべ」(住友グループ):69/12/20
	「オズの魔法使い」と私の夢(エッセイ)::2:「少年少女世界の名作文学 第13巻」月報(小学館):66/01/20
	SFは娯しい(エッセイ)::3:現代の眼:64/04
	「宇宙戦争」と私(エッセイ)::2:「宇宙戦争」(旺文社):67/12/15
	SFアトランダム メタモルフォーゼについて(エッセイとイラスト)::4:宇宙塵 第130号:69/01/20
	好奇心に応える待望の事典(エッセイ)::2:「科学の事典」カタログ(岩波書店):84
	マンガ家の選んだ良書十冊(エッセイ)::2:協同組合経営研究月報:69/07
	なんでもベスト10 おとなのための童話(エッセイ)::2:週刊サンケイ:73/12/28?
	私の読書術(エッセイ)::2:週刊朝日:69/09/12
	マンガ映画「シンドバッドの冒険」のころ(エッセイ)::5:「北杜夫全集 第7巻」月報(新潮社):77/03/25
	小松左京−−ペザロの白鳥的怪物(エッセイ)::4:「世界SF全集29 小松左京」月報(早川書房):70/06/30
	眉村卓氏のこと(エッセイ)::5:「なぞの転校生」解説(角川文庫):75/04/20
	スタニスワフ・レムについて(エッセイ)::6:「惑星ソラリス」プログラム:77/04/29
	私の選んだ海外SFベスト10(エッセイ)::2:別冊奇想天外 SF再入門大全集:77/04/20
	「スーパーマン」のノヴェライゼーション(エッセイ)::5:「原作スーパーマン」(講談社):79/06/12
	SFマガジン300号に寄せて(エッセイ)::2:SFマガジン:83/06
	今江祥智−−スカイブルウの作家(エッセイ):1:12:「今江祥智の本 第16巻」解説(理論社):80/11
	今江祥智−−スカイブルウの作家(エッセイ):2:6:児童文学1985:85/07/06
	しばてんとぼく(エッセイ)::3:月刊絵本:75/09
	いわさきちひろさん(エッセイ)::1:「いわさきちひろ特別展」(いわさきちひろ絵本美術館):81/07/21 - 81/09/20
	グリム童話(エッセイ)::4:毎日新聞夕刊:84/11/21
	「銀河鉄道の夜」を読む(エッセイ)::4:朝日新聞:85/07/07
	ガブリエル・バンサンの絵本「たまご」(エッセイ)::2:Moe:88/02
	追悼 ロバート・A・ハインライン(エッセイ)::2:SFマガジン:88/08
	味読熟読「旧事諮問録」(エッセイ)::1:朝日新聞:86/05/19
	看護婦「お吉さん」(エッセイ)::3:准看護婦資格試験:81/08
	猿石、亀石、二面石(エッセイ)::5:(掲載誌不明):74
	「犬」ゴヤ作(エッセイ)::1:一枚の繪:81/09
	福田イズムは唯一無二(エッセイ)::2:福田繁雄展(新宿伊勢丹美術館)図録:87/04/23 - 87/05/12
	西口司郎さん(エッセイ)::1:イラストレーション No.48:87/10
	わが夢の公開 せめてこの程度の楽園をどうぞ(エッセイとイラスト)::9:芸術生活:64/10
	おれは野次馬(エッセイ):理屈と礼儀:3:アサヒ芸能:66/07/10
	おれは野次馬(エッセイ):不潔不感症:4:アサヒ芸能:66/06/12
	おれは野次馬(エッセイ):珍日本事情:3:アサヒ芸能:66/05/22
	おれは野次馬(エッセイ):残酷無情:4:アサヒ芸能:66/07/03
	十万人との話(エッセイ)::3:PHP:70/01
	報道の限界(エッセイ)::3:放送朝日:72/08
	「かっこいい」選挙(エッセイ)::3:PHP:73/09
	性教育について(エッセイ)::2:特別活動:72/09
	私的ポルノ考(エッセイ)::5:小説CLUB:76/03
	あきっぽい現代っ子(エッセイ)::2:学校図書館:63/08
	私のみた現代っ子(エッセイ)::2:子ども部屋:68/08
	子ども五十年(エッセイ)::4:中日新聞,北海道新聞,他:75/05/05
	埃まみれの宝物(エッセイ)::3:「ブリキおもちゃ博物館」(集英社文庫):85/11/25
	生命について(エッセイ)::3:「なぜ食べながら息ができるか」(フレーベル館):85/06/28
	子どもの風景(エッセイ)::3:ていくおふ No.32 秋号:85/10/01
	80年代へのメッセージ(エッセイ)::4:児童ペン:80/01
	生命科学と倫理問題について一般大衆や子弟にどう理解させるか(エッセイとイラスト)::11:「生命と倫理について考える−−生命と倫理に関する懇談報告−−」(医学書院):85/12/01
	病気と私 「寝上戸」のアダ名(エッセイ)::2:産経新聞夕刊:61/09/25
	プロフェッショナル(エッセイ)::2:プレジデント:82/05
	私の健康法(エッセイとカット)::2:今週の日本:82/07/12
	顔について(エッセイ)::4:潮:85/06
	めがねと私(エッセイ)::1:ニコンニュース:74/12
	ベレーは顔の一部です(エッセイ)::2:週刊朝日:86/04/04
	セーター(エッセイ)::1:週刊文春:69/09/15
	私の好きな花 サクラ(エッセイとカット)::2:草月 95号:74/08/01
	わが心の詩−−故郷−−(エッセイ)::2:「わが心の詩」(PHP研究所):88/09/13
	私の好きな詩(エッセイ)::2:「朝の詩」(日本テレビ放送網株式会社):81/11/04
	私の好きな言葉(エッセイ):1:2:(掲載誌不明):74
	私の好きな言葉(エッセイ):2:2:朝日新聞夕刊:79/12/14
	子馬ひん助の一生(エッセイ)::2:「私を築いた一言」(青春出版社):70/01/15
	私の座右銘(エッセイ)::2:「あなたに贈る81人のことば」(全日本社会教育連合会):86/11/15
	貪欲に学ぼう(エッセイ)::2:祖国と学問のために:88/04/02
	若い女性へのメッセージ(エッセイ)::2:PHP臨時増刊号:83/03/01
	にせ物の創作(エッセイ)::4:PHP:66/11
	ハイジが出てきそうな店(エッセイ)::2:「鸞庭房」(萬養軒七十五周年記念出版編集室):85/04/01
	和菓子のかわいらしさ(エッセイ)::2:鶴のれん 秋号:86
	駅前ばなし(エッセイ)::2:くるめがわ <東久留米タウン誌>:81/11/14
	“私のレオ”がマスコットで復活した喜び(エッセイとカット)::3:Number 191 獅子の咆哮:88/03/20
	自動返信機(エッセイとカット)::2:郵政:61/12
	アトムの居る年賀状(エッセイ)::3:別冊アトリエ 年賀状の世界:87/12/01

手塚治虫エッセイ集:8:講談社:手塚治虫漫画全集 別巻16 398:280:97/10/17
	A型的パラノイア(エッセイとカット)::9:キネマ旬報:84/09/下旬
	「妖怪天国」出演の記(エッセイ)::11:キネマ旬報:83/08/下旬,86/07/上旬
	ガラクタ映写機を買う(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:82/04/下旬
	南京にて(エッセイとカット)::8:キネマ旬報:83/12/下旬
	バック・トゥ・ザ・パースト(エッセイとカット)::9:キネマ旬報:85/10/下旬
	映画孤独(エッセイとカット)::15:キネマ旬報:82/07/下旬,84/04/下旬
	ベレーの下(エッセイ)::8:キネマ旬報:82/12/下旬
	映画祭にもの申す!(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:85/07/上旬
	白黒映画への郷愁(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:86/10/下旬
	MURPHY’S LAW(エッセイ)::6:キネマ旬報:86/07/下旬
	ミケランジェロにさわった!(エッセイ)::7:キネマ旬報:86/10/上旬
	アマゾンの上流にて(エッセイとカット)::8:キネマ旬報:84/11/下旬
	月と伝道師(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:85/12/下旬
	ルーカス・フィルム見学記(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:86/04/下旬
	ある審査(エッセイとカット)::10:キネマ旬報:83/11/下旬
	タダの一介の映画ファン(エッセイ)::8:キネマ旬報:82/03/下旬,82/10/下旬
	サリエリに同情(エッセイとカット)::5:キネマ旬報:85/01/下旬
	火星年代記(エッセイ)::5:キネマ旬報:83/01/下旬
	「オズ」よ再び(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:86/03/下旬
	スピルバーグの剣が峰(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:84/10/下旬
	カラーパープル(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:86/05/下旬
	ふたつの“核”映画(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:84/01/下旬
	アトム「ガンジー」を語る(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:83/03/下旬
	「インドへの道」と日本人(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:85/07/下旬
	ウディへの讃歌(エッセイとカット)::5:キネマ旬報:86/11/下旬
	燃えつきる/桃太郎・海の神兵(エッセイとカット):1:6:キネマ旬報:84/05/下旬
	燃えつきる/桃太郎・海の神兵(エッセイ):2:3:「桃太郎・海の神兵」プログラム:84/08/18
	ナポレオンは不滅です!(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:82/11/下旬
	空のかなたへ(エッセイとカット)::5:キネマ旬報:85/04/下旬
	ネアカな一匹狼映画(エッセイ)::5:キネマ旬報:84/08/下旬
	ゴジラ・グラフィティ(エッセイ)::7:キネマ旬報:83/10/下旬
	アメリカの活弁(エッセイ)::6:キネマ旬報:85/05/下旬
	アニメ家族の断絶(エッセイとカット)::8:キネマ旬報:84/03/下旬
	おんぼろバイブル(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:86/01/下旬
	アドルフに告ぐ(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:83/05/下旬
	ザグレブ映画祭審査員の記(エッセイとカット)::7:キネマ旬報:86/08/下旬
	ジャンピング(エッセイとカット)::9:キネマ旬報:82/09/下旬
	広島国際アニメフェスティバル(エッセイとカット)::6:キネマ旬報:85/09/下旬
	「おんぼろフィルム」と「森の伝説」(エッセイとカット)::8:キネマ旬報,「観たり撮ったり映したり」(キネマ旬報社):85/03/下旬,87/01/01

手塚治虫のマンガの描き方::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻17 399:240:97/11/17
	マンガの描き方(文と絵)::237:光文社 描き下ろし単行本:77/05/30

手塚治虫講演集::講談社:手塚治虫漫画全集 別巻18 400:248:97/12/16
	日本の児童文化を考える(講演)(「国際児童年文化講演会」(78/09/15,神戸)での講演に加筆)::22:児童問題研究 14号:79/05/15
	失われたロマンを求めて(講演とイラスト)(82/07/17 神奈川県平塚市中央公民館)::19:「NHK文化講演会 9」(日本放送出版協会):83/12/20
	科学技術の進歩と人間の生き方(講演とイラスト)::13:「会報ふるさとサロン'84」(群馬県企画部地域振興課):84/03/26
	国際社会における共通言語としてのマンガの役割(講演)('84アジア漫画ひろしま会議 84/05/04)::7:漫画新聞:84/06/01
	はじめての一人旅(講演)::6:日本旅行一人旅委員会:85/01
	映像とマンガ(講演)::11:(不明):?
	共通言語としてのマンガ(フランス、アルケスナンで開催された日仏文化サミット'85 に於ける 1985/07/02 の講演の再録)::11:すばる:90/09
	未来人へのメッセージ(講演)(「第31回 子どもを守る文化会議」(86/03/01)での記念講演に加筆)::44:岩波ブックレット「未来人へのメッセージ」(岩波書店):86/06/20
	文化の花咲かせ豊かな人間社会を(講演)::16:文化協同 No.10:88/02/25
	未来へのファンタジー(講演)::44:精神開発叢書「未来へのファンタジー」(富山県教育委員会):87/03/20


*“手塚治虫漫画全集”解説総目録の入り口へ

*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Feb 12 2012
Copyright (C) 1996/2012 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]