*2021年08月09日:PC設定完了 [^J^]
*2021年08月10日:軽くサイクリング
*2021年08月11日:幻想美術選「パエトーン」ギュスターヴ・モロー
*2021年08月12日:血管には異常なし
*2021年08月13日:8〜9月以降のできれば観たい展覧会
*2021年08月14日:狛江懐かし [/_;]
*2021年08月15日:愚かな火災動画/PCヒヤリ
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2021年08月09日:PC設定完了 [^J^]


 今週は勤務先の夏休みなのであるが、だからどうしたとしかいいようが。[;^.^]凸

 曇天。風が強い。先週届いた LIFEBOOK WN1/E2 の設定を開始する。昼食は高丘の「+N」でつけ麺。帰途、OAナガシマで、回復ドライブ作成用の USB Memory(32GB)を購入。

 なんだかんだで夜までかかって、全アプリの移行と、フルバックアップ(システムイメージ)の作成まで完了。やれやれこれでひと安心。本当はまだ少し作業が残っていて、システムイメージ(HDD)をもうひとつ作成して、物理的に十分に離れた場所(具体的には横浜の家)に保管しておかなければならないのだが、まぁ、今日のところはここまでということで。

 あぁ、これは良い買い物をしたなぁ..速度云々ではない。画面サイズである。従来は15.6インチだったのが17.3インチになったのだから、「なるほど、17.3 ÷ 15.6 = 1.11倍になりましたか」..違う。従来PCもこのPCも本体液晶のピクセル数は「1920 * 1080」なのだが、15.6インチの場合、このピクセル数だと文字が微妙に小さくなりすぎるので、「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズ」を「125%」にしていたのである。それに対して17.3インチならば「100%」でいい。つまり、1.25倍。この差は、想像以上に大きかった。

 そしてさらに大きいのが、HDMIで接続した先の拡張ディスプレイの解像度を「3840 * 2160」に出来ることである。55型の4Kテレビに接続しているので、解像度を落とす(フォントを大きくする)必要はない。本体液晶4枚分の「広さ」のデスクトップが、アドオンで使えるわけである。[^J^]

*目次へ戻る


*2021年08月10日:軽くサイクリング


 快晴。右脚は痛いのだが、自転車に乗る分にはまったく問題なさそうなので、運動不足の焼け石に水をかけるべく、サイクリングに出る。とはいえ、浜名湖一周100キロコースにいきなり出るような無謀なことは、もちろんしない [;^J^]。都田テクノロードの北端付近まで北上して、戻ってくるだけである。会社までの通勤サイクリングとたいして変わらない距離であるが、その通勤サイクリング自体、天候の問題もあって、最近なかなかできていないので。

 8:35頃に発つ。まだ早いので、そんなに暑くないのは助かる。わりとあっさりと折り返し地点(都田公園)に着いてしまった。9:30。ちょうどその近辺にあるカインズモールの開店時刻だったので、ちょっと買い物。9:50に発って南下し、10:40,湯風景しおり。汗を流して散髪し、12:00に発つ。

 直帰せず、有楽街に寄り道。細麺三太で、醤油ラーメン。13:00頃、帰宅する。

 午後の記憶、なし。[;^.^]

*目次へ戻る


*2021年08月11日:幻想美術選「パエトーン」ギュスターヴ・モロー


 「幻想美術選」、第260回。この画家のご紹介は、ユピテルとセメレ出現ユニコーンガラテイアスフィンクスの謎を解くオイディプスキメラソドムの天使に続いて、8回目である。

Picture

「パエトーン」(ギュスターヴ・モロー、1878年)

 パエトーンの神話を知らない方は、Wikipedia を一読されたい。ざっくり要約すれば、太陽神アポローンの息子であることを友人たちに疑われたパエトーンが、太陽を運ぶ(四頭だての)戦車を無理に父から借り受けるが、馬たちを御すことができず、戦車は暴走して超低空飛行をし、地上世界を焼き滅ぼし始めたので、最高神ユーピテルが、やむを得ず、パエトーンと戦車を雷撃で打ち落とした、という物語である。以下、「変身物語(Wikipedia)」(オウィディウス(Wikipedia))から、引用する。(中村善也訳、岩波文庫)

 四頭の馬たちは、それを知ると、にわかに暴走し始めて、踏みなれた道を離れ、いつものような正規の進路を走ろうとはしないのだ。パエトン自身は、震えあがった。任された手綱をどちらへさばけばよいのか、どこを通ればよいのか、さっぱりわからない。もしわかったとしても、馬たちをあやつることはできはしなかっただろう。こうして、このときはじめて、冷えきった「北斗星」が熱くなり、禁じられた海に浴そうとして空しい努力を試みた。氷雪に閉ざされた北の極に最も近い「蛇」は、これまでは寒さのために動きが鈍く、誰にも恐怖を与えてはいなかったが、このときは、熱せられて、暑さのために未曾有の怒りを爆発させた。
(中略)
 どうしたらよいのだろう?すでに、天路の多くをあとにしていたが、それよりも多くが眼の前に控えている。両方の長さを、心の中ではかってみる。そこに着く運命にはなっていない西方を見やっては、今度は、東のほうをふり返る。どうすればよいのかがわからなくて、呆然とし、手綱を弛めもせねば、控えることも出来ない。呼びかけるべき馬の名を知ってもいないのだ。星が点在する空のあちこちに、異形のものや、巨大な獣の姿がちらばっているのを見て、ふるえあがる。ある場所には、「蠍」が二本の螯(はさみ)を弓なりにして、曲げた尾と、両側に張った腕とで、二つの天宮にからだを伸ばしている。この怪物が黒い毒の汗をかきながら、くねらせた尾の先で傷を与えようと身構えているのを見ると、若者はわれを忘れて、冷たい恐怖で手綱を放してしまった。

 (..オウィディウスを久しぶりに読み返したが、まったく、なんという迫力であろうか!)モローは、ユピテールの雷撃に打ち落とされる直前の状況を描いているようである。後ろの帯は、獣帯(黄道)である。下から伸び上がってきた、怒り狂う蛇(座)。獅子(座)も襲いかかって来る。

 宝石のような色彩とスタイリッシュな構図で描き出された、傑作である。

*目次へ戻る


*2021年08月12日:血管には異常なし


 曇天。8:30から聖隷三方原病院。心臓血管外科で右脚の血管の検査である。昼前に結果が出た。異常なし。やれやれ良かった。右脚の痛みの原因は、血管ではないことがわかった。一歩前進である。やはり整形外科の範疇だろうか。

 帰途、しばしば強い雨足。帰宅してからじきに止んだものの、降ったりやんだりを繰り返す。15:00頃、CSが受信できなくなっていることが判明したが [;^.^]、じきに復旧。

*目次へ戻る


*2021年08月13日:8〜9月以降のできれば観たい展覧会


 「状況」は悪化の一途を辿っているので、「上京」できるかどうかはなんとも(← やめなさい。[;^J^])

*三菱一号館美術館
 「三菱創業150周年記念 三菱の至宝展
 後期:〜9月12日(日)まで

*三鷹市美術ギャラリー
 「デビュー50周年記念 諸星大二郎展 異界への扉
 前期:〜9月5日(日)まで
 後期:9月7日(火)〜10月10日(日)まで

*東京国立博物館
 「聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」
 〜9月5日(日)まで

*Bunkamuraザ・ミュージアム
 「マン・レイと女性たち
 〜9月6日(月)まで

*岡田美術館
 「東西の日本画 ― 大観・春草・松園など―
 〜9月26日(日)まで

*福田美術館
 「京(みやこ)のファンタジスタ 〜若冲と同時代の画家たち
 後期:9月1日(水)〜10月10日(日)まで

*相国寺承天閣美術館
 「若冲と近世絵画展
 U期:〜10月24日(日)まで

*府中市美術館
 「開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり
 前期:9月18日(土)〜10月24日(日)まで

*山種美術館
 「速水御舟と吉田善彦
 9月9日(木)〜11月7日(日)まで

*国立新美術館
 「庵野秀明展
 10月1日(金)〜12月19日(日)まで

 年内に事態が落ち着くとは思えないしねぇ..[;_ _]

*目次へ戻る


*2021年08月14日:狛江懐かし [/_;]


 朝から風雨強し。午後遅くにはなんとかおさまったが..

 キングクリムゾンの来日公演の大阪公演、第一希望の12月3日に当選した [^J^]。それまでに、来日すらできないような事態に至っていないことを祈る。[;-人-][;-人-][;-人-]

 「出没!アド街ック天国 おいでやす小田が吠えまくる!都会×田舎の魅力 東京★狛江」を、首尾良く録画した。1ヶ月ほど前、某所でこの「狛江回」の話題がのぼったとき、気づかずに見逃していたことに臍(ほぞ)を噛んだものであるが、浜松(静岡)では、東京の番組は1ヶ月程度遅れることがあることにすぐに気がつき、以来、網を張っていたのである。やれやれ、捕獲成功である。[;^.^]

 私は、小学校3年生(の、多分2学期?)から中学校1年生の1学期まで、狛江市に住んでいた。つまり、ちょうど半世紀前までである。[;^.^] 「狛江第三小学校」と「狛江第二中学校」だったかな。住んでいたアパートは多摩川のすぐそばで、直近の駅は、和泉多摩川。小田急線で新宿にすぐに出られる、まさに至便な場所でありながら、なんとも長閑(のどか)な田舎の魅力も満喫できる町であると、子ども心にも思っていたものであるが..半世紀の歳月を経てもなお、状況が全く変わっていないことに感嘆した。[;^.^]

 ロケ開始早々、狛江の市民たちが「番組が成立するのか?」と心配しているのだが [;^.^]、それでも番組は「BEST 20」をピックアップ。そのほとんどは、実に小作りな..というか「可愛らしい」[;^.^] ものであり、そこがまさに(反語でも自虐でもなく)狛江市の魅力なのである。

 2年後に横浜に隠居したら、一度、再訪してみるか..半世紀前のアパートなど跡地ごと消滅しているはずだし、あの頃の商店街の面影もないだろうが..

*目次へ戻る


*2021年08月15日:愚かな火災動画/PCヒヤリ


 曇天。ときどき雨。昼食は浜菜坊まで車を走らせ、生シラス丼。浜名湖を時計回りに回って帰宅。

 ふだん、あまりこういう「まとめサイト」は読まないのだが、何かの弾みで迷い込んだ。→「だーすけの現在!家の火事とその後・オイルマッチ事故の真相まとめ」..ここからリンクされている問題の「【惨事】だーすけ氏のオイルマッチ火事(YouTube動画)」が、語弊を恐れずに書くと、抱腹絶倒の面白さ![^.^] うっかりヘビロテするところだったぜ。[;^.^]

 かいつまんで言えば、2015年に、某動画サイトに生配信中の男が、オイルマッチの使い方がわからずなんとか火をつけようとテキトーなことをしているうちに、火事を起こしてしまったという事件である。その一部始終が(もちろんそんなつもりはなかっただろうが)生配信されてしまったというわけだが..これがもう、「突っ込みどころ満載」などという定型句ではお伝えしきれない、最初から最後まで「突っ込みどころしか存在しない」という、濃密でお得なパッケージ。[^.^]

 この動画は、たちまち数百万回再生されたあと削除されたようだが、コピーがさまざまな動画サイトに上がって世界的にバズり、米CBSテレビや、英デイリー・ミラー紙など、ネットニュースなんぞとは格が違う由緒正しい媒体でも報道されたというから、立派なものである。[^.^](← マテ。[;^.^])だからあるいはあなたは既にご存知だったかも知れませんが..もしも未見だったのならば、悪いことは言わないから、この10分間の動画、絶対に見なさい![^.^] 損はさせない。私が保証する。単なる興味本位でもない。実に教訓豊かな、教材たりうる優れたコンテンツだと思うからである。

 以下、数点、補足しておく。

 1.彼と会話している「アニメ声」は、配信中にコメントを読みあげるシステムらしい。

 2.ラストの静止画像4枚は、あとから誰かが付加した本件とは無関係な画像らしい。

 3.突っ込みどころを10個所以上挙げられない人は、あとで職員室まで来なさい。


 21時頃、月曜日に立ち上げたばかりの LIFEBOOK が起動しなくなった [;^J^]。「起動可能なドライブがない」的なメッセージ。SSDあるいはSSDとのインターフェイス回路(ハード)が故障したのか? 初期不良か? ちょっと考えにくいんだよなぁ..(別に、MADE IN JAPAN だからというわけではなく。)

 明日午前中に、富士通に電話かな..と、ぶつぶついいながら、回復ドライブUSBで起動して「続行」したら、なんなく症状、消えました [;^J^]。なんだかなぁ..しかしこうなるとアレだな。回復ドライブUSB自体ももうひとつ作って、ひとつは自宅に常備、もうひとつはこのノートPCを携帯するときにはそれも携帯、だな。

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Aug 19 2021
Copyright (C) 2021 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]