*2021年01月04日:フラワーパークなど
*2021年01月05日:幻想美術選「ハープの起源」ダニエル・マクリース
*2021年01月06日:3月までに観たい展覧会
*2021年01月07日:ここまでするか [;_ _]
*2021年01月08日:人生に於ける謎のひとつ
*2021年01月09日:テロリスト認定同然
*2021年01月10日:国会図書館に行きたいなぁ..
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2021年01月04日:フラワーパークなど


 毎年末に行っている録画メディアの棚卸しを、昨年末は忘れていた。[;_ _](前回分は、→「2019年12月17日:録画メディアの棚卸し 2019」。)うーん、どうしよう..既に録画(光学)メディアの緩やかな漸増ペースは、完全に定常カーブ(というか直線)に落ち着いており、毎年記録し続けることに意味を感じられない。また、かつて1〜2度あった「「HDDへの移し替え → 光学メディアの廃棄」の大量実施による、激減イベント」は、今後は発生しないであろう。むしろ日常的に、少しずつ進行する(というか「増加ペース」と「相殺」し続ける)であろう。

ついでに言うと、「HDDへの移し替え」のほか、「配信供給が安定していると判断できる場合に限り配信側に軸足をおく、映画ソフトのメディア廃棄」によっても、メディアの枚数は減るのだが..残念ながら、安定してはいないのだ。どなたもご存知のとおり、一時的にせよ、「風と共に去りぬ」の配信は、止まった。パッケージメディアなり録画なりを所有していない人たちは、その期間は、「この映画を観ることができなかった」のである。スタンダードナンバー中のスタンダードナンバーですら、配信に頼っていると、観られる保証はないのだ。また、(特に日本映画の場合は)俳優の不祥事による配信停止のリスクに絶え間なくさらされており、手元の録画なりパッケージメディアなりを廃棄するのは、非常にリスキーなのである。

 ..というわけで、昨年末に実施する予定だった「棚卸し」は、行わないことにした。実際、半日がかりの大仕事なのだ [;_ _]。コストとリターンがバランスしていない。次回は、5年後に行えば十分だろう。

 快晴。気温は比較的穏やか。10:00に出て、10:30から久しぶりにフラワーパーク。

Picture Picture Picture

 モザイクカルチャー「森の仲間たち」。



Picture Picture Picture

 オオベニゴウカンという花だったかな。緋色の部分は花弁ではなく雄しべ。



Picture Picture Picture

 花の名前をメモし忘れた [;^J^]。こういうのはもっと時間をかけて、妖魔のように撮らなければならない。[^.^]



 昼前に離脱。昼食は、ワンタン軒で忍玉ラーメン。湯風景しおりでごろごろする。

*目次へ戻る


*2021年01月05日:幻想美術選「ハープの起源」ダニエル・マクリース


 「幻想美術選」、第229回。

Picture

「ハープの起源」(ダニエル・マクリース、1842年頃)

 Daniel Maclise(1806〜1870、Wikipedia(英文)画像検索結果)は、アイルランドで生まれ、ロンドンで活躍した画家である。初期には肖像画の専門家として名を成したが、やがて、歴史画や、シェイクスピア、ゴールドスミス、アラン=ルネ・ルサージュらの文学作品に題材をとった絵画に、比重を移していった。画壇において順調にキャリアを積み、ついにはロイヤル・アカデミーの会長に推挙された。

 この、さりげなく魅力的なタブローが、なんらかの文学的バックグラウンドを持っているのかどうかは、詳(つまび)らかにしない。魅惑的な裸身と長い髪からハープの形状が生まれ出でるとは、なんとも素敵な「創作神話」を思いついたものである。空間の楕円形の切り取りも、効果的。

 けっして大傑作とは思わないのだが、心の片隅に染み入って、そこから離れることがない。忘れえぬ小佳品である。

*目次へ戻る


*2021年01月06日:3月までに観たい展覧会


 本年の初出勤は、自転車で。(仕事初めは昨日だったのだが、私はテレワークだったのだ。)さほどは寒くない。

 3月までに観たい展覧会(「展覧会観覧予定」と書きたいところだが、現時点では「希望」としか..)を、挙げるだけ挙げておく。

*千葉市美術館
 「田中一村展 ―千葉市美術館収蔵全作品
 〜2月28日(日)まで

*横浜美術館
 「トライアローグ:横浜美術館・愛知県美術館・富山県美術館 20世紀西洋美術コレクション
 〜2月28日(日)まで

*福田美術館
 「栖鳳の時代 〜匂いまで描く
 前期:1月30日(土)〜3月1日(月)まで

*東京都美術館
 「没後70年 吉田博展
 1月26日(火)〜3月28日(日)まで

*東京国立博物館
 「洛中洛外図屏風 舟木本 VR上映
 1月20日(水)〜4月11日(日)まで

 2月上旬までは、緊急事態宣言が出ている地域に入るべきではないし、2月中旬以降、解除されているとも限らない。いま、気に病んでも仕方がない..

*目次へ戻る


*2021年01月07日:ここまでするか [;_ _]


 雨や雪が一時降るという予報だったので、車で出勤..正解。午後一時的に降った雨はほどなく止んだが、帰途は冷たい強風。自転車だったら遭難しかねなかったレベルである。[;_ _]

 再度の緊急事態宣言。あちこちで指摘されているが、今さらながら..「発出」って、変じゃない? わざわざ辞書を引かせるなよ [;_ _]。「発令」の方がわかりやすくていいじゃないか。それとも「命令」的なニュアンスを避けてるの? そんな眠たいことをしてるから、人出が減らないんだよ..と、プンスカしていたら、「発令」していたりもして、ハシゴを外された [;^.^]。どう使い分けているんだよ。[;^.^]凸


 議会に、大統領が煽動したデモ隊が乱入し、死者4名..いったいどこの独裁国家の話かと思ったら、アメリカ合衆国であった。

 さっそく陰謀論が飛び交っている。最初に突入したのは実は民主党員だとか反トランプ派だとか..得々として「真実」を発信している連中は、みな、楽しそうである。「海の向こうの」「お祭り騒ぎ」なんだからね。

 実のところ、先陣を切って突入した連中が民主党員だろうが共和党員だろうが反トランプ派だろうがトランプ派だろうが、まったくどうでもいいことである。「煽動なんかしていなかった、平和的な集会を呼び掛けていたのであり、突入に至ったのは、反トランプ派の罠だ」という主張も、仮にそれが事実だとしても(事実でない可能性の方が圧倒的に高いが)、この際、まったくどうでもいいことなのだ。

 本質的に問題なのは、突入以降、現職の大統領が、この事態を「止めなかった」ということである。数時間後に、しぶしぶ声明を出していたが、突入した連中を非難してすらいない。つまり、「議会への攻撃を、承認した」のである。現職の大統領が。

 これが、本当に、まずい。

 こいつが、「まだ」大統領なのである。


 Tさんからの打診を受けて、吾妻ひでお関連の映像資料を捜索する。デジタル化しておいたファイルは、バックアップHDD群の中からすぐに見つかったのだが、外装箱を確認するための現物捜索が難航..いや、場所の検討はすぐについたのだが、押し入れの奥の奥の奥であって [;_ _]、体力の問題というよりは、そもそも物理的空間的に取り出し得るのかという論理的な問題と、その問題を解くために必要な気力の問題..[;_ _][;_ _][;_ _][;^.^]

*目次へ戻る


*2021年01月08日:人生に於ける謎のひとつ


 好天だが寒い。自転車で出勤する勇気が出ず、車で。[;_ _]

 各地で成人式が中止されている。(なんとか密を回避して実施しようと努力している自治体も、数多くあるようだが..)男子はともかく、晴れ着を着る機会を奪われる女子たちが、可哀そうである。「ほかの日に着りゃいいじゃん」などという、信じがたいほど無神経な言葉を発するヒトは存在するが、そういう問題では、まったくないのだから。

 かくいう私自身は、(前にも書いたような気がするが)成人式の記憶が、全然ない。かけらもないのだ。多分、出席しなかったのだろうと思うのだが、なぜ出席しなかったのかが、わからない。当時は日記をつけていなかったので、まったくの謎なのだ。

 もしかして、「本当は出ていたのだが、その記憶が抹消されている」のだろうか? だとすれば、なぜ..? [;^.^][;^.^][;^.^]

 打診されていた吾妻ひでお関連映像資料の現物を発掘できたので、Tさんに連絡する。

*目次へ戻る


*2021年01月09日:テロリスト認定同然


 BDレコーダー(Panasonic DMR-BZT700)でHDDからBDにダビングする際、たまに「メディアエラー」が出るようになった。メディアの修復がはじまってしまい、そしてそれは無事に終了するのだが、その間、いったん、電源が切れる。なにか録画をしていると、数分間の間隙ができてしまうことになる [;_ _]。そしてどうやら、メディアのせいではなさそうなのだ。複数の新品BDメディアで発生している。複数の不良品をつかんでしまった可能性よりは、本体側になんらかの問題がある可能性の方が、高そうだ。

 ちょうど10年間使っている個体であり、この間、一度も故障したことがなく、毎日、酷使していることを鑑みるに、まったく驚くべき高品質というほかはないのだが、さすがに、オーバーホールに出すべき時期なのかなぁ..その場合、HDDの内容は保証されない(消去されても文句は言えない [/_;])のだが、数百時間分も滞留しており、これらを退避している時間が取れるわけがない [;_ _]。(たぶん、年単位のプロジェクトになる。[;^.^])困ったなぁ..とりあえず、録画中はメディアへのダビングを行わない、という運用で、様子を見ているのだが..

 寒い。某事業所に休日出勤。業務内容は秘密にするほどのことでもないのだが、まぁいちおう伏せておこう。12:50、撤収。湯風景しおりでひと休みしてから、帰宅。


 トランプ「大統領」のツイッターアカウントが、「永久凍結」された。理由は、「さらなる暴力を煽る危険があるため」とのこと。他のSNS系からも、次々に排除されているようであるが..これでも「大統領」といえるのか。(そこまでやってもいいのか、表現の自由を奪っていいのか、という議論は当然噴出するだろうが、まったくの別問題である。)

 もう4年もつきあっているので、私を含めて、みな、感覚が麻痺してしまっているのだが、これがいかに異常な事態であることか。

*目次へ戻る


*2021年01月10日:国会図書館に行きたいなぁ..


 快晴。寒い。朝いちで、浜松市立中央図書館で調べもの。やはりここでは調べきれない。

 国会図書館に行きたいのだが..当分、無理だよなぁ..

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jan 14 2020
Copyright (C) 2021 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]