*2020年06月22日:幻想美術選「シテール島での巡礼」アントワーヌ・ヴァトー
*2020年06月23日:やはり故障か [;_ _]
*2020年06月24日:人間ドック 2020/夏オフ中止
*2020年06月25日:ミステリの基本
*2020年06月26日:執行猶予 [;_ _]
*2020年06月27日:なんだかな..[;_ _]
*2020年06月28日:わたし綺麗?[^.^]
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2020年06月22日:幻想美術選「シテール島での巡礼」アントワーヌ・ヴァトー


 「幻想美術選」、第201回。Antoine Watteau(1684〜1721、Wikipedia)もまた、私が偏愛する画家のひとりである。

Picture

「シテール島での巡礼」(アントワーヌ・ヴァトー、1717年)

 これは、「雅宴画」と呼ばれるジャンルの作品である..というより、「雅宴画」を世界大百科事典で引けば、「ワトーがアカデミー会員候補作品として提出した作品《シテール島の巡礼》が,当時のアカデミーのどの部門にも属さなかったため、この名称が新たに案出された。野外に集い、会話、音楽、ダンスなどを楽しむ人々の情景を描く作品にあたえられる名称である。ワトーの作品の多くが、このジャンルに属し、それらは半ばはロココ時代の風俗を反映し、半ばは夢想的、演劇的な情景である」..つまり、この作品を形容するために、「雅宴画」というジャンル名が発明されたのである。(試しに、「アントワーヌ・ヴァトー」の 画像検索結果 と、「雅宴画」の 画像検索結果 を比べてみよう。ほとんど一致していることに驚かれるだろう。)先ほど引用した世界大百科事典の説明は、さすがに、簡にして要を得たものであるが、さらにわたし流に要約すると、「大革命以前の貴族たちの極楽とんぼの日々(あぁ羨ましい ["^.^]凸)」、ということになる。[^.^]

 西洋美術を少しご存知の方は、「タイトルが記憶と微妙に違う..「シテール島への船出」じゃなかったっけ..?」、と、首を捻ってられるかも知れない。さすがである。あなたの記憶は、ある意味、正しいのだ。

Picture

 実は、「シテール島」を含むタイトルの、きわめて良く似た作品が、少なくとも2点、存在するのである。今回ご紹介しているのは、1717年にアカデミーに提出された入会作品。その1〜2年後に、友人ジュリエンヌの結婚を祝って制作されたとされるのが、右図、「シテール島への船出」(1718〜19)。(「シテール島」については、お暇なら Wikipedia(キティラ島) を参照のこと。ざっくり言えば、アプロディーテーゆかりの「愛の(神話の)島」である。)

 非常に良く似た2作品ではあるが、決定的な違いがタイトルに含まれている。「シテール島での巡礼」だと、舞台はもちろんシテール島なのだが、「シテール島への船出」だと、舞台は明らかに、シテール島ではない。実際、シテール島へ行くための船が大きく描き足されているのだが、にも関わらず(「シテール島での巡礼」と同様)画面右端には、アプロディーテー像が、前作よりもさらにわかりやすく、くっきりと描かれている。この点からも、2作目の「シテール島への船出」(右図)は、いくぶん落ち着きが悪いように、私には感じられる。遠景を略して船を描き込んだためか、空間的広がりが、いくらか狭まっている感もある。



 同時代の恋愛遊戯が美しく視覚化(理想化)されている、夢のような作品である。神話的な雰囲気がここまで満ちている「雅宴画」も、珍しい。特に「巡礼」の幻想的な空気感は素晴らしく、観る者を彼方へと連れ去って行く..「雅宴画」が「幻想美術」の枠組で語られることは、普通はないのだが、私はこの「シテール島での巡礼」(と、「シテール島への船出」)だけは、「私たちの仲間」に加えてやりたいと思う..

*目次へ戻る


*2020年06月23日:やはり故障か [;_ _]


 好天。テレワーク。

 先週日曜日、フラワーパークにて、気がついていたのである。カメラ(D750)を持参して、紫陽花や花菖蒲を撮影していたのだが..フラッシュが使えない [;_ _]。フラッシュボタンを押してもフラッシュカバーが開かず、カチッと鳴って、カバーが少し振動する..内側からぶつかっているのである..

 昼休みに、ニコンのサービスに電話。やはり故障認定 [;_ _]。うーむ、なぜこんな箇所が壊れたんだろう? 内蔵フラッシュはほとんど使わないのに..まぁ仕方がない。送るか..

*目次へ戻る


*2020年06月24日:人間ドック 2020/夏オフ中止


 有休。人間ドック。今年は胃カメラオプションをつけなかったので、その代わりにというかデフォルトの、バリウム検査..また、後悔した [;_ _]。私はバリウム検査が、だいっ嫌い![;_ _] い〜も〜む〜し〜ご〜ろごろ、が、ほんとにほんとに、だいっ嫌い!![;_ _]

 胃カメラの方が、百万倍、素敵だっつーの!!! [;_ _][;_ _][;_ _]凸

 結果は、前回と比べて、概ね横這い..前回の数字があまり良くなかったのだから、横這いはよくない。[;_ _](← なんとなくうまいこと言ってみました。[;^.^])

 半年前から再開している自転車通勤(今は梅雨時&隔日テレワークで、週に1回もできておりませんが [_ _])でプラスに振れているのを、いろいろあって [;_ _] プラマイゼロに引き戻されたと考えるか、いろいろあってマイナスだったのを、自転車通勤で引き戻したと考えるか、だ。[;^J^]

 D750を、ニコンに発送。サービスセンターが今は普通の営業状態ではないので、修理完了は、遅くなるんじゃないかなぁ..

 夏オフ中止。正直、残念ではあるが、妥当な決定だと思う。ここでリスクを取る必要はない。今年はもう、いろいろ1回休みだ。「有事対応」の訓練をしているのだ。

*目次へ戻る


*2020年06月25日:ミステリの基本


 アンジャッシュ児嶋一哉。もともと人気芸人だが、いろいろあって [;^J^] ここのところ、人気も評価も好感度も、爆上がりである..

 ..「犯人さがし」の要諦は、「利益を得た者をさがせ」、である..

 ..ま、こんなのは、笑える与太話であるのだが [;^.^]、笑えないやつも紹介しておこうか。[_ _]

 コロナ禍で、もっとも利益を得たのはどこの国だろうか。人口比にして世界最小クラスの被害で、最大の効果を享受した国は..(ヒント:もちろん、日本ではない。日本には、なんのメリットもない。)

*目次へ戻る


*2020年06月26日:執行猶予 [;_ _]


 テレワーク。好天。

 ..気づかれている方もいらっしゃると思うが、テレワークの日は、だいたい天気がいい。ということは(ほぼ隔日の)出勤日は、だいたい天気が悪いのである [;_ _]。片道13キロの自転車通勤という、きつ過ぎずゆる過ぎない「ちょうどいい運動」を、ここ1ヶ月ほど、ひどく実施できていないのである [;_ _]。だから人間ドックで数字が悪くてもそんなのは当たり前であって私のせいじゃないドックの前々日まで十分な量の飲酒活動(略)

 ..でもって、本日は月いちの大坂内科医院。先生に、ドックの結果を提出する [;_ _]。コレステロールの数字がよくない。[;_ _](思い当たる原因は山ほどあるが、ここでは略す。[;_ _])既にコレステロールの薬は処方しているのだから、と、先生は渋い顔。もちろん、より強力な薬はあるのだが、できればそういう解決策はとりたくない [;_ _]。ということで、「今回のところは同じ薬を継続して、2ヶ月後に判断しましょう」、というお言葉をいただいた。[;_ _]

 ..執行猶予である。[;_ _][;_ _][;_ _][;^.^]

*目次へ戻る


*2020年06月27日:なんだかな..[;_ _]


 快晴。休日なのだが、午前中、サーバーのメンテナンス。つまり休日出勤なのだが、自宅からリモートで。

 「快晴の」「休日に」「仕事で」「どうせ仕事でしかも快晴なのだから自転車を走らせるチャンスなのにテレワークで」..と、突っ込みどころが多すぎて、いやまったく仕事どころでは..[;_ _][;^.^]

 ま、昼前には無事に終了。[;^J^]

 夕方、アポしていた浜松日産伊場店にキューブを持っていき、12ヶ月点検。今回は廉くすんだ。[^J^]

*目次へ戻る


*2020年06月28日:わたし綺麗?[^.^]


 ここ最近、フェイスブックなどのSNSのタイムラインに、不気味な写真が流れてきている..FaceApp というのか。なるほど [;^J^]。それだけみれば、確かに美しい女子写真なのだが、私は元のありさま(みな中年以降の男性である)を知っているのであって、それを思い出すと悪夢(略)[;^.^][;^.^][;^.^]

 ..で、お前はやらないのかって? やらないよ [^.^]。確かにいまの私の面相など、もはやまったく無惨なものではあるが、SNSに流れてきているサンプルから推測するに、FaceApp したが最後、きわめて美しい(少なくとも彼らより遙かに美しい)女性になってしまうことは必定。うっかりそんなものを見てしまった日には、自己愛 取り返しのつかないことになるからね。わかってるんだよ、私にはね..[^.^][^.^][^.^][;^.^]

 (それはそれとして、20代の頃の女●写真は、すべて処分しているよな..デジカメなどなかった時代なので、紙とネガを焼き捨てた時点で地球上から消滅したはず。絶対に流出しないはずなのだが..)

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 3 2020
Copyright (C) 2020 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]