*2017年12月04日:幻想美術選「巨人」ゴヤ
*2017年12月05日:「素数が最多の年賀状ソフト」
*2017年12月06日:来春の展覧会観覧予定
*2017年12月07日:自業自得な寒さ [;_ _][;^.^]
*2017年12月08日:富岡八幡宮殺人事件
*2017年12月09日:川合玉堂展/手塚治虫ファン大会2017
*2017年12月10日:清原啓子展/いちょうホール
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2017年12月04日:幻想美術選「巨人」ゴヤ


 「幻想美術選」、第93回。ゴヤは、「わが子を喰うサトゥルヌス」に続く再登場である。

Picture

「巨人」(ゴヤ、1810〜18年頃)

 知らぬものとてない、プラド美術館の油彩画(画像検索結果)が来ると思ったでしょうが [;^J^]、私は、このアクアチントバージョンも、好き。寓意を探るべきであろうか? その必要は、無いと思う。この寂寥感と孤独感は、この巨大さ、それ自体からくるものである。世界に、宇宙に、ただひとりしかいないのだ、この巨人族は。その巨大さ故に..

 ..どうしても、「巨人獣」(石川球人)を想起しないわけにはいかない。あの、トラウマ級のマンガの作者は、この作品を見たのではないだろうか?

*目次へ戻る


*2017年12月05日:「素数が最多の年賀状ソフト」


 ..[?_ _][?_ _][?_ _]..

 ..(あっ)「素材数が最多の年賀状ソフト」、でしたか [;^J^]。これは、空目する方に理がありますな。[^.^][^.^][^.^][;^.^]

*目次へ戻る


*2017年12月06日:来春の展覧会観覧予定


 ちょっと早いけど、1月以降から春先までの、確定している分だけ、備忘のためにまとめておく。

*上野の森美術館
 「生ョ範義展 THE ILLUSTRATOR
 1月6日(土)〜2月4日(日)まで

*Bunkamuraザ・ミュージアム
 「神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展
 1月6日(土)〜3月11日(日)まで

*東京都美術館
 「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜
 1月23日(火)〜4月1日(日)まで

*京都文化博物館
 「ターナー 風景の詩
 2月17日(土)〜4月15日(日)まで

*国立西洋美術館
 「プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光
 2月24日(土)〜5月27日(日)まで

 珍しく(今のところ)ほとんど洋物だ。[;^J^]

*目次へ戻る


*2017年12月07日:自業自得な寒さ [;_ _][;^.^]


 エアコンつけっぱで就寝すればなんとかならないこともないが、健康にも家計にもよくないし、実はそれでも、結構寒かったりする。(暖かい空気は下に降りてこないので、部屋のなかで立つとムッとするほど室温が高くても、布団を敷いて横になると冷えびえしたりする。)根本的な原因は..

 ..掛布団が、夏布団だということにある。[;_ _](そこの人、見捨てる前に、あと数行、読むだけ読んで。[;^.^])

 これはまったく、無理もないことなのである。なぜなら、冬物の掛布団は暖かさの代償に、たいへん嵩張るものであるからだ。押入れの中に収めきれないのである。押入れ内の空間の過半が、書籍を詰めた段ボール箱に占拠されているのは言うまでもな(だから見捨てる前に(略))

*目次へ戻る


*2017年12月08日:富岡八幡宮殺人事件


 まことに不謹慎ながら..「横溝正史かよ!」、と反射的に思ったことは、白状しておく。[_ _]

 それにしても、この事件に限ったことではないが、自分も死ぬ、というのが、なかなか理解できない..(理屈ではわかるのだが..)自分は、なんの得もしないのだ。それどころか、圧倒的に損をするのだ。にもかかわらず..

 自殺することを前提として相手を殺す。相手が生きている以上、自分が生きている意味がない..それほどの激情を、私は知識としてしか、知らない。実感したことがない。幸か不幸か..(おそらく、幸いなことであるのだろうが..)

*目次へ戻る


*2017年12月09日:川合玉堂展/手塚治虫ファン大会2017


 快晴である。6:50に自宅を発ち、バスで浜松駅へ。7:51のひかり。富士山が美しい。9:18に恵比寿。よく利用している「さ竹」で朝定食。9:55、山種美術館。5分待つ。 「没後60年記念 川合玉堂 ―四季・人々・自然―」(後期:〜 12月24日(日)まで)である。

 前期は観覧済みなので、差分を中心に。後期のみ展示の作品では、「深山濃霧」画像検索結果)、有名な「彩雨」画像検索結果)、画像検索できなかったが「渓村雨霽」など。通期展示作品では、改めて、「雨江帰漁図」画像検索結果)、「雨後山月」など。

 11:00、退出。御茶ノ水に向かい、11:45、ワテラスコモンホール。「手塚治虫ファン大会2017」である。

 「ジャングル大帝 第1話」(1965 放映のアニメ)鑑賞、スペシャルトーク(辻真先氏、聞き手 二階堂黎人氏)、「火の鳥 −流砂編−」(2016、飯面雅子氏による砂アニメーション)鑑賞、「手塚マンガあの日あの時」(黒沢哲哉氏)、「出版記念トーク」(綿引勝美氏)など。辻真先氏のトークのメモから抜き書き。

* (脚本を書いていたのだが、当時のプロダクションは)クリエイターにはお金を惜しまなかった。
* 当時の相場は30分2万円だったが、30分5万円もらった。もっとも、「リボンの騎士」では7掛けにされたけど(笑)。
* 5万も珍しいが、値切るのも珍しい(笑)。
* ジャングル大帝は、エピソードごとにばら売りするので(どういう順序で放映されてもいいように)1話完結にさせられた。びっくりした。
* アメリカの放送局は、財布の都合で、5本、10本、全部、とか、いろいろな買い方をする。
* ライオン(レオ)は、何を食べているんですか?という視聴者の声。困った(笑)。逃げてはいけないので、魚とか、虫とか..
* アニメでミュージカル。脚本は後付けで苦労した。
* リボンの騎士は、ジャングル大帝と同じ事情で、原作とは全然違う話になった。
* 富野由悠季氏は、ドラマ感覚だった。当時の監督の多くは、絵になればいい、という感じだったが、それとは違った。
* バンパイヤは、1話だけ脚本を書いた。
* 部落問題にひっかかった。山奥の集落という設定が、NG。東京のテレビ局は、わりと鷹揚なのだが、大阪が敏感。
* 西崎さんは、●●●のような人(笑)。(ピーッいれときました。いちおう、オフレコの約束なので。[;^J^])
* 富野氏の海のトリトンは、伏線の張り方、回収の仕方が見事。脚本を書いていて感心した。

 綿引氏のトークも面白かった。なぜか吾妻ひでおネタが多く [;^J^](「コミックヒーロー」がらみだが)、吾妻氏の隠れた傑作「SF玉手箱」への言及も。

 抽選企画では、珍しくも、靴(サンダル)が当たった [^.^]。「RegettaCanoe」というブランドの、ブラックジャックモデル(顔の傷が刺繍で表現されている)である。もちろん、サイズを指定できる。届くのは5月になる。楽しみだ。[^J^]

 懇親会は17:00から、隣接しているカフェスペースでスタート。大変興味深かった砂アニメーションの作者の飯面雅子氏から、興味深いお話を伺ったり。

 19:10にお開き。二次会というかクールダウンに、8人ぐらい?で、すぐ近くの上島珈琲店へ。19:15から20:55まで。その後、Mさんらと新宿駅南口に、火の鳥のモニュメントを見に行く。ここで散会。

 微妙な空腹感が残っているので、歌舞伎町入口付近の「笑笑」に、21:40。ハイボール1〜2杯と、軽いもの。すぐ目の前の定宿、はたごやに着いたのは、23:00過ぎ。

*目次へ戻る


*2017年12月10日:清原啓子展/いちょうホール


 7:55、チェックアウト。快晴である。朝食は、はなまるうどんで釜玉うどん。9:15、八王子駅。9:30、八王子夢美術館。開館は10:00なので、ベンチで読書しつつ待つ。

 「没後30年 銅版画家 清原啓子」である。この人の作品をまとめて観るのは、多分初めて。(夭折故に作品数が極めて少なく、全作品が展示されている。)

Picture Picture Picture

 図録(というか画集)を購入したので、スキャンしておく。全作品が掲載されている。(これまで、一部の作品の複製しか手元になかったので、助かる。)ここでは、久生十蘭の「魔都」にインスパイアされた三部作、「魔都」(左)、「孤島」(中)、「魔都霧譚」(右)だけをご紹介しておく。尋常ではない超細密世界が、縦1600ピクセルのjpegファイルで伝わるかどうか..



 彼女が愛した画家たちの作品も展示されている。カロ、ブレスダン、ルドン、モロー..もう、私の直球ど真ん中 [^,^]。ほかに、ボッシュ、ダッド、メリヨン、若冲らを愛していたというが、これまた、どストライク [^,^][^,^]。ちなみに文学作品では、久生十蘭、夢野久作、埴谷雄高、中井英夫、三島由紀夫に耽溺していたというが..なんというかもう、なんというかもう..[^,^][^,^][^,^]

 11:15、退出。時間調整のため、美術館のホワイエのベンチで、12:30まで読書。その後、5分少々歩いて、いちょうホール。『第24回 “癒し”としての自己表現展』(主催:平川病院、今日が最終日)である。今回は、吾妻ひでおさんの作品の出展はない。

 「ヒラメの上陸した世界」という作品が、面白い。変形(変容)した架空の地球の地図の上のあちこちに、その地方に棲むさまざまな怪獣や妖怪、異生物の類がぎっしりと描き込まれ、その説明が手書きでこれまたぎっしりと書き込まれている。それぞれのクリーチャーの姿のオリジナリティは高く、単なるウルトラ怪獣の借り物ではない。クトゥルーからの影響も見られるが、それにとどまるものでもない。書き文字が読みにくいのが、唯一の難点。[;^J^]

 14:40、退出。吾妻ファン(古老クラス [;^.^])5人で、八王子駅周辺で昼間っから空いている居酒屋を、ネットで探す [;^J^]。結構、いくらでも見つかったのだが、14:50、風流山桜。さすがに健康ネタから [;^J^]。誰それが癌、とか、自分の健康状態とか..あと、マンガ復刻関係、出版業界の裏話、等など..

 18:20に散会。18:43に八王子を発つJRで、19:46、新横浜を発つこだま。21:21、浜松。21:55、帰宅。

 やれやれ。これで..10月初旬から始まった、10週間に及ぶ週末の強行軍、

10/07(土)〜 10/09(月)京都
10/14(土)〜 10/15(日)東京
10/21(土)〜 10/22(日)----
10/27(金)〜 10/29(日)京都
11/03(金)〜 11/04(土)静岡
11/11(土)〜 11/12(日)京都
11/18(土)〜 11/19(日)東京
11/23(木)〜 11/26(日)京都
12/02(土)神奈川
12/09(土)〜 12/10(日)東京

 ..は、終了である [;_ _][;^J^]。あと2週末、浜松でおとなしくしていて(というか、自宅で処理すべき溜まりに溜まった案件の処理に追われ [;_ _])、その次の週末は、もう年末の帰省である。

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Dec 16 2017
Copyright (C) 2017 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]