*2016年08月29日:幻想美術選「アルンハイムの領土」ルネ・マグリット
*2016年08月30日:9〜10月の展覧会観覧予定
*2016年08月31日:オーバーホールが必要か? [;_ _]
*2016年09月01日:そろそろ洒落にならん [;_ _]
*2016年09月02日:ジュランが来る?
*2016年09月03日:休日出勤/急遽上京決定
*2016年09月04日:雑件に終始する誕生日 [;^.^]
*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*2016年08月29日:幻想美術選「アルンハイムの領土」ルネ・マグリット


 「幻想美術選」の第27回にして、ようやく、この画家に順番が回ってきましたよ。[;^J^]

Picture

「アルンハイムの領土」(ルネ・マグリット、1960年)

 タイトルはもちろん、エドガー・アラン・ポーの有名な短編に由来するが、内容は(例によって)全く関係ない。この短編には、こういうシーンはない。ただ、単なる言葉遊びというわけでもなく、「ポーなら気に入ったであろうヴィジョン」という意識は、あったらしい..

 ..などという「解題」は、本当にどうでもよいのだ。マグリットが生み出した、最も清冽なイメージを観ていただく以外、私には、なにもやるべきことがない。書くべき言葉がない..

 これは人気の主題だったようで、油彩画が3点、グワッシュが8点、存在するらしい。あなたがもし、「この絵、私が知っている「アルンハイムの領土」と、どこか違う..」、と感じたとしたら、おそらくバージョン違いに依るものである。

*目次へ戻る


*2016年08月30日:9〜10月の展覧会観覧予定


 現時点では、こんなもんである。

*サントリー美術館
 「鈴木其一 江戸琳派の旗手
 前期:9月10日(土)〜10月3日(月)まで
 後期:10月5日(水)〜10月30日(日)まで

*あべのハルカス美術館
 「大妖怪展 ― 土偶から妖怪ウォッチまで
 前期:9月10日(土)〜10月10日(月)まで
 後期:10月12日(水)〜11月6日(日)まで

*京都市美術館
 「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲
 10月4日(火)〜12月4日(日)まで

*山種美術館
 「速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―
 前期:10月8日(土)〜11月6日(日)まで
 後期:11月8日(火)〜12月4日(日)まで

*岡田美術館
 「―生誕300年記念― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち
 〜12月18日(日)まで

*国立新美術館
 「ダリ展
 9月14日(水)〜12月12日(月)まで

*国立西洋美術館
 「クラーナハ展―500年後の誘惑
 10月15日(土)〜1月15日(日)まで

 2ヶ月でこれだけなら、スッカスカで楽勝だろうと思われるかも知れないが(← ..もしかして、私、感覚おかしくなってる? [;^J^] 麻痺してる? [;^.^])、実は、消化 [;^J^] スケジュールの仮り組みパズルに、今回ほど頭を悩ませたこともない。[;_ _]

 先にお断りしておくと、現時点では各展覧会の出品リスト(PDF)がアップされていないばかりか、山種美術館の御舟展以外は、「前期/後期」の日程割りが発表されていない。サントリー美術館の鈴木其一展、あべのハルカス美術館の大妖怪展の「前期/後期」は、一部の展示作品の公表されている展示期間からの「推測」である。また、京都市美術館の若冲展、岡田美術館の若冲と蕪村展も、複数の期にわかれているに決まっているのだが、前者については細かく分かれていることしかわからず、後者については予想もつかない。

 加えて、多くは東京開催であるが、大阪、京都、箱根での展覧会が混ざっており、さらに、どうせ京都にいくのなら、例えば大徳寺 聚光院の特別公開に予約してそれと日程を合わせたい..などと考えはじめると、実にややこしい..ついでに言うと、実は私はサラリーマンもやっており [;^.^]、この秋は、土日に休日出勤が入りやすいのである。

 今のところ、京都市美術館の若冲展は、パスする可能性が高い..今年4月〜5月に東京都美術館で開催された、例の「生誕300年記念 若冲展」は、私は「前期」だけを観覧して後期はパスしたのだが、パスした理由は、後期の展示替えリストを精査したところ、「後期でしか展示されない作品」は、全て、「別の展覧会で既に観ている」か「岡田美術館の所蔵であり、秋の「若冲と蕪村展」で観られるはず」のどちらかである、と、見切ったからである。そして、京都市美術館の若冲展の作品リストはまだ発表されていないものの、東京都美術館の若冲展(の「前期」)と岡田美術館の若冲と蕪村展の出品作の和集合に(おそらく)包含されているだろう、と、推測したからである。それに、東京都美術館の若冲展ほどまでにはならないだろうが、無茶苦茶混むだろうし..

 いずれにせよ、大阪&京都に、少なくとも週末2回、東京に少なくとも週末3回は出かけなくては、片づけきれない..まったく今秋の土日も、遊んでいる暇などないのである..[;_ _][;_ _][;_ _][;^.^]

 P.S.

 悪いことは言わないから、都合がつく人は、山種美術館の速水御舟展だけは、観ておけ! 「炎舞」は全期間展示だから、まだ観てない人は、絶対に観ろ!(これは、命令である。)

*目次へ戻る


*2016年08月31日:オーバーホールが必要か? [;_ _]


 朝、Windows 10 ノートが起動しない..[;_ _] BIOS パスワードを入力し、あのニョロニョロが数十回まわったあと、アカウントとパスワードの入力画面に辿り着かずに、電源が落ちてしまう..出社時刻が迫ってきたので、気にはなるものの,未解決のまま出社..

 22:30頃まで働いて、帰宅。Windows 10 ノートは..やっぱり、起動しない [;_ _]。途中で電源が落ちる。いろいろ抜いてためす。電源も、LANも、ワイヤレスマウスも外して起動してみる..そのうち、エラーメッセージが表示されるようになった。「Windows が正しく読み込まれませんでした」..でも、また落ちる..また、エラーメッセージも出ずに電源が落ちる症状に戻る..

 ..これは、HDDだな..[;_ _]

 ..とかしているうちに、正常に起動するようになってしまった。症状が消えた。再現しない..これはこれで、まずい状況..

 オーバーホールが必要だな..[;_ _] しかしこれを購入した浜松のビックカメラにあずけると、大変時間がかかるのは、必定..たしか、秋葉原に東芝PC工房がある。以前、このノートのバッテリー交換を数時間程度の待ち時間でやってもらったはず..タイミングが難しいが、検討するか..

*目次へ戻る


*2016年09月01日:そろそろ洒落にならん [;_ _]


 夏目アナの件。最初に(翌日に)「誤報」と「判明」した時点では、まだ笑い話だったんだけどね..(以下、スポニチアネックス 9月1日(木)6時31分配信 より、抜粋)

 ――一部メディアで有吉さんの子供を妊娠したと報じられたが?

 「女性にとってこれ以上ない極めて私的な内容が断定して書かれてあったので、とても驚きましたし、あまりにひどい内容に大変ショックを受けました」

 ――妊娠の事実は?すぐにコメントはしていなかったが?

 「自分が務める情報番組で、あのような極めて私的な話をするのはどうかと思ったのと書かれてあった内容へのショックが大きく、コメントするのは控えました。しかし、翌日も妊娠だ、年内結婚だと報じられ、所属事務所が事実無根と答えても、ならば別の子かとまで臆測記事は広がり、もはや精神的に耐えられない状態が続いていました。事務所にも私にも取材せず電話の一本すら入れていないあのような記事は信用され、事務所が事実無根と言っても信じてもらえない。でも、もうはっきり言わせていただきます。このままでは自分の気持ちが壊れてしまう。記事に書かれているような事実は一切ありません。誰も信じてくれなくても、もう一度言います。事実ではありません」

 ――番組の降板、交際、結婚についても?

 「記事に書かれているような事実は本当にありません」

 ..内容が事実かどうかという以前に、本人にも事務所にもいっさい取材せずに記事を書き続ける、という時点で、既にそれは「報道」ではない。シロートブロガーなら誰でも(部屋から一歩も出ずに)できることである。プライドはないのか..などと、きくだけ野暮だわな..こういう連中が撒き散らしている(「情報」と名乗る)「ノイズ」の海を泳ぎ渡るリテラシーが必要とされているわけだ。学校で教えるべきだと思うよ、マジで。

*目次へ戻る


*2016年09月02日:ジュランが来る?


 この展覧会は、観に行かない(日程的にパスせざるを得ない)可能性が高いのだが、ポスターを見かけたので、ご紹介しておく。

*POLA MUSEUM ANNEX
 「「ウルトラ植物博覧会2016」
 〜9月25日(日)まで

 ..と、(今夜の日記は)これだけなのだが [;^J^]、タイトルの意味がわからない人のみ、この先数行、お付き合いください [_ _]。第一世代のオタク(古老)ならば瞬間的にわかるはずなので、野暮な説明など読み飛ばしてください。[_ _]

 では、よろしいか。「ウルトラ植物」とくれば、もちろん、「マンモスフラワー」(「ウルトラQ」第4話)である。無論、初期ウルトラシリーズに限っても、植物怪獣はほかにも、「ミロガンダの秘密」(「ウルトラマン」第5話)に登場する「グリーンモンス」、「怪獣無法地帯」(「ウルトラマン」第8話)に登場する「スフラン」などがいるのだが、もう、イメージ的には、圧倒的に「マンモスフラワー」にとどめをさす。

 そして、「マンモスフラワー」に登場する巨大植物の名 が、「ジュラン」。「ウルトラQ」の、続く第5話のタイトルが、「ペギラが来た!」..

 ..まぁ、こんなのは基礎教養なんだけどね。[^J^]

*目次へ戻る


*2016年09月03日:休日出勤/急遽上京決定


 今日は楽しい休日出勤 [^J^](← 語義矛盾。[;^.^])6:30に車で出て、ふたつの事業所をハシゴして、帰宅したのは、16:20。もちろん、業務内容は秘密である。まぁ、無事に終わってほっとした。

 ご無沙汰していたFさんより、メール。なんと、来週の土曜日に東京は初台のオペラシティで、ベルリオーズの「ファウストの劫罰」のコンサート(東京シティフィル300回記念定期演奏会)があるとのこと!(Fさんは合唱で参加。)是非とも聴かなければ! 是非とも聴かなければ! 私にとって、「ファウストの劫罰」こそが、西洋クラシック音楽の最高傑作! 「末期の水」ならぬ「末期の音楽」は「ファウストの劫罰」と、決めているのである!

 さっそく、Fさんに連絡して、チケットを確保してもらう。また、せっかく土曜日に上京するのだから、東京で会いたい友人たちにアポメールやメッセージを飛ばす。もちろん、展覧会観覧のスケジュールも組む。土曜日(10日)の午前中には、サントリー美術館で「鈴木其一 江戸琳派の旗手(前期)」、都内で泊まって、日曜日(11日)には、浜松への帰りがけに箱根に寄って、岡田美術館で「―生誕300年記念― 若冲と蕪村 江戸時代の画家たち」、で、仮決め。

 来週末が、楽しみだ。[^J^]

*目次へ戻る


*2016年09月04日:雑件に終始する誕生日 [;^.^]


 ま、58歳になったんですけどね [;^J^]。われながら、リアクションに困るよな [;^J^]。少年時代の「将来の夢」のタイムスケジュールには、「58歳」という座標はなかった。大体、40歳か50歳で死んでいた(夭折を惜しまれていた)と記憶する。まぁ、今さら仕方がないよなぁ..死に損なっちまったんだから..[;^J^]

 朝、盛大な雨だったが、すぐに快晴。また急激に暗雲が広がってきたと思ったら、すぐにまた快晴。

 床の上にうずたかく(フルヘッヘンド)積み上げられている書籍/雑誌/書類の片づけを試みたり(焼け石に水 [;^.^])、3日押している廃墟通信の更新をしたり [;_ _]、ヤフオクで某物件を落札したり..多少は有意義な1日だったろうか..[;_ _][;^.^]

*目次へ戻る *先週へ *次週へ


*解説


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Sep 8 2016
Copyright (C) 2016 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]