R・A・ラファティ「楽園にて」(1961)


 気のきいたギャグが散りばめられた、ユーモラスな短篇。

 探検隊の一行は、楽園のごとき惑星を発見する。いや実際、エデンの園、そのものなのである。素晴らしい自然環境とおとなしい獣たち。最高の果物と貴金属の豊富な鉱山。探検隊はここを開発して「楽園」として売り出すことを決めて、引き上げて行くのだが、これが実は…。

 落ちも「落ち過ぎない」軽妙なものである。「星新一の方がいい」とか、だだをこねないこと。[^J^]



*内宇宙への扉の入り口へ *スターシップ」の入り口へ


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Apr 3 1996 
Copyright (C) 1995/1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]