ガムガムパンチ:(無題)

 人さらいのギャングが、学校がえりのパンチをさらう。パンチは巨鳥を車の中で作って、車を壊して空に運ばせる。謝るひとさらいたち。彼らはチッチャ国の国民で、デッカ国が攻めてきたのを防ぎきれず、だれか強い人に助けてほしかったのだ。パンチは身代わりをガムで作って学校へやり、ピンコ、ガムガム、クチャクチャらとともにチッチャ国へ向かう。

 着いた時には、デッカ国との戦闘の真っ最中であった。デッカ国の巨大戦車は、強いつよい! パンチが作って繰り出す、大入道も妖怪も、てんで歯が立たない。パンチとピンコは乞食に化けて敵軍陣地に潜入すると、戦車の中に飛び込み、戦車の中で戦車を作って大暴れ! デッカ軍は敗走!

 パンチとピンコの栄誉を称えて、チッチャ国には、乞食姿のふたりの銅像が作られたのだった。


*「手塚治虫作品集6 児童まんが1」(文民社)
*「ほるぷ版 手塚治虫選集17」(ほるぷ出版)


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Sep 23 1996 
Copyright (C) 1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]