ガムガムパンチ:ゆうえんち

 遊園地に出かける、ママ、パンチ、ピンコ、ガムン。乗物はどれも満員で長蛇の列で、到底、乗れそうもない。このまま帰るのはしゃくだから、と、ガムでコーヒーカップを巨大ブーメランに乗せたような物を作る。子どもたちは大喜び。巨大な乗物や施設をたくさん作って、子どもたちをただで遊ばせるが、怒った支配人がこれらを取り上げ、金を取って乗せようとする。試乗する支配人。その時、乗物はガムに戻り、支配人たちは散々な目に会い、遊園地の役に立つものを上げるから、堪忍しておくれ、と謝る。

 支配人からのトラック一杯のプレゼントは、全て、くず入れ(「ガムはここへ」)であった。

 懲らしめられた大人が小意気な反撃をする、気のきいたオチ。


*「手塚治虫作品集6 児童まんが1」(文民社)
*「ほるぷ版 手塚治虫選集16」(ほるぷ出版)


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Sep 12 1996 
Copyright (C) 1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]