鉄腕アトム:「透明巨人」解題

 元ネタは、フランスのSFでのちに映画化された「ハエ」であるとの告白。もう少し詳しく述べると、オリジナルは、

*蠅(The Fly (La Mouche))(1957 以前)George Langlaan

と言う小説。これの映画化が、

*The Fly(20世紀フォックス映画)(1958)

再映画化が、

*Return of the Fly(20世紀フォックス映画)(1959)

手塚治虫版が、

*鉄腕アトム・透明巨人の巻(1960)

最近の再映画化が、

*The Fly(リメイク版)(年度その他不明 [;^J^])

*The Fly 2(年度その他不明 [;^J^])

 作者の証言にある通り、オリジナルの小説、あるいは1958年度の映画の影響を受けているのは明らかで、例えば“しくじって、裏返しで電送してしまう”と言う小技のネタも共通している。(オリジナル版ではカップ、「透明巨人」では書籍。)

 ついでながら、リメイク版 The Fly が「透明巨人」の影響を受けている可能性は、かなり高いのではなかろうか? と言うのは、最後に電送機と混じってしまう科学者の姿が、「透明巨人」の最後で実体化する、花房理学士の姿と、そっくりだからである。


*「鉄腕アトム 9」(サンコミックス)


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Aug 15 1996 
Copyright (C) 1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]