ブラック・ジャック:植物人間

 船舶事故が起こり、行き違いでブラック・ジャックの治療が遅れた女性が、植物人間となってしまう。ブラック・ジャックは、彼女の脳が本当に死んでいるのか確かめるべきだとして、これは拷問に等しいという医者の非難を説き伏せて、その息子の脳髄と彼女の脳髄とを電極で接続し、電気ショックを与える。そのとき息子は、確かに母親の姿を見、言葉を交わしたのだった。今の医療技術では治せない植物人間となった母親を、いつの日か治すために、少年は、医者になることを誓う。

 これは少年チャンピオンコミックスの「ブラック・ジャック 4」に収録されていたのだが、のちに別のエピソードに差し替えられた。脳手術が問題になったのではないかと、推測される。この手術は、今では人道的に問題があるとされているらしい。

 作品としては、それなりにすっきりとまとまった、超医療技術パターンである。


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: May 3 1996 
Copyright (C) 1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]