ブラック・ジャック:しずむ女

 公害病テーマ。工場廃液が海で毒を発生し、それに冒された海産物を食べると、膝の関節が冒されて歩けなくなり、ヨードやX線で治すが、症状が酷い場合には手術で関節を切る、という、晦日市病。

 ヨーコという精薄の少女が、この病気に冒されていた。素潜りをして魚を取るのが上手な子だった。精薄であるが故に保証金も騙されてもらえなかった彼女を見るに見かねて、ブラック・ジャックが手術をし、役所に彼女の治療費をかけあう。晦日市病は膝だけではなく、脳症状も起こすことがわかったから、その分の治療費も払うべきだ、と。救済委員は、ヨーコは生まれつきの白痴だと、突っぱねる。ある日ヨーコは、大好きなブラック・ジャックに、魚を取ってきてあげる、と、まだ治りきっていない膝で海に行ってしまう。溺れ死ぬヨーコ。

 ストーリーの骨格が通っていない、散漫な印象のエピソード。


*「ブラック・ジャック 4」(少年チャンピオンコミックス)


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: May 3 1996 
Copyright (C) 1996 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]