横溝正史「蝶々殺人事件」


 格別のトリックは無い、アリバイ工作物。クラシック楽壇を舞台としており、その人間模様が面白い。被害者が「虚構」に生きて(演じて)おり、そこが犯人につけこまれる。犯人の「手記」で状況説明がされるところは、***型である。第二の殺人における時間稼ぎトリックは、いかにも本格風の物。

*角川文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]