S・S・ヴァン・ダイン「カナリア殺人事件」


 残念ながら、この作品のコアトリック(蓄音機によるアリバイ偽造)は知っていたが、仮に知らずとも、関係者中、最も疑われない人物が、現場に度々訪れようとすれば、悪擦れした現代の読者に見抜かれても仕方が無い。という訳で、論理と推理のゲームに身を委ねてみれば、これがなかなか快適。現場が強盗殺人らし過ぎる故、強盗殺人ではないっという論法は、今となっては常識だが、迫力も説得力もある。ラスト近くの蓄音機の場は、上述のごとくネタは判っていたのだが、思わず知らず緊張してしまった。ファイロ・ヴァンスのペダントリイと饒舌も、「僧正」ほどには暴走していない。ポーカーゲームで性格判断をして、犯人の推定(断定)をする、というのは、当時としては斬新だったのかも知れない。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]