海野十三「電気風呂の怪死」


 犯人が女装して脱出するところは無理がある。そもそも警官が風呂屋を固めているではないか。電気風呂というSF風の設定が、単に注意を逸らすためだけに使われているのは、むしろスマート。フィルムが高速度撮影されていたという落ちは、(本質的ではないが)面白いおまけ。

*海野十三全集 三一書房


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]