J・テイ「時の娘」


 「王家の犯罪」を扱っているからでもなかろうが、実にノーブルな作品である。証拠を積み上げていって、甥殺しの犯人はリチャード三世ではなく、ヘンリー七世である、と実証していく過程は圧巻。書籍派のおたくの夢みたいなものである。[^J^] また、彼の協力者が、「女の子にとっては、去年のヴォーグよりも役に立たない」、と、振られかける一幕もある。[;^J^] これは、書籍派のおたくの悪夢である。[;^O^]

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]