谷崎潤一郎「白昼鬼語」


 ちょっと乱歩風。(こちらが先だが。)夜の幻想と(色褪せた)白昼の幻滅の“あわい”を漂う女の、不思議な存在感。

*谷崎潤一郎全集5 中央公論社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Sep 15 2000 
Copyright (C) 1994/2000 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]