島田一男「社会部記者」


 トリック云々よりも、人物造型に主眼が置かれている。会話が魅力的。袋詰めの塩と共に死体を沈め、塩が溶けてきた頃に浮かび上がるというトリックは、まぁまぁの出来。(死体の様子が不自然であり、当然そこを突っ込まれる筈なので、減点1。)

*昭和ミステリー大全集 新潮文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]