C・ロースン「帽子から飛び出した死」


 む、む、むうぅぅ..[;^J^] 関係者/容疑者が、全員、奇術関係者なので、手段はなんでもありだぜよ、という趣向は、確かに奇抜で面白いのだが、コアトリックの一部に、「催眠術によるアリバイ工作」があるというのは..[;^J^] その不満とは無関係に、やたらと面白い作品であるというのも、確かだが。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]