E・フィルポッツ「赤毛のレドメイン家」


 乱歩の「緑衣の鬼」の原作だというので−それより後に読む訳にはいかんので−慌てて読んだ。なるほど。犯人は、前半でおよそ見当はつくが、70年前の作品だ! 風景が素晴らしい。マーク・ブレンドンが、少し阿呆過ぎるが、引立て役にとどまらず、犯人の趣向に織り込まれているとあってはやむを得まい。殺人芸術といい、犯人のパーソナリティといい、いかにも乱歩好みの作品である。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]