大下宇陀児「紅座の庖厨」


 奇妙な「味」の小説である。この類の話は大概カンニバリズムが落ちになり、それをどう捌くかが腕の見せ所になるかと思うのだが、非常に血生臭い状況を飄々とすっきりと仕上げており、読後感も悪くない。

*大衆文学大系21 講談社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]