大下宇陀児「蛭川博士」


 架空の人物を作り上げて、自らの犯罪を彼に押し付け、かつ、彼を逃走?(消失?)せしめる、というパターン。架空の蛭川博士が、癩病患者である、という点が、工夫したポイントか。この種の作例中、さほどの傑作とも思えないのは、構成の緩さ故だろう。

*東方社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]