水谷準「おお・それ・みお」


 前半の「墓暴き」のおどろおどろしさと、後半の「軽気球幻想」の落差が面白い。いつかは墜落するに決まっているのだが、「それはそれとしておいといて」、空に(太陽に)死体を捧げる、という着想が素晴らしい。

*昭和ミステリー大全集 新潮文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]