A・E・W・メースン「矢の家」


 ちょっと不満が残った。犯人が序盤から見当がつくこと、トリックらしいトリックが無いこと、やたらと共犯者がいたこと、『秘密の通路』が使われていること、などなど、個々の欠点は瑕疵に過ぎないのだが、相乗効果で効いてしまった。しかし、探偵と犯人の心理闘争には、確かに見るべき物がある。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]