G・ルルー「黄色い部屋の謎」


 残念ながら、探偵=犯人トリックの方は(不注意から)予め知っていたが、現代の読者に取っては、探偵役が二人いれば殆ど自明のことなので、気に病むことはあるまい。それに、この予備知識は殆ど本書の感興を削がない。もうひとつの柱である密室トリックは、さすがに素晴らしい。被害者が犯人を庇う形になっている。解説で指摘されている通り、しばしば冗漫にもなる。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]