M・ルブラン「怪盗紳士リュパン」


 23年振りに再読。「アルセーヌ・ルパンの逮捕」−小規模ながらも、きちんとした、記述者=犯人トリック。「ルパン獄中の余技」−窃盗予告のブラフをかけた被害者に、名探偵に化けた部下を招じ入れさせる。これが可能なのは、自分が獄中にあり、警察は窃盗予告を真面目に取り合ってくれないから。「アルセーヌ・ルパンの脱走」−脱走するぞという伏線を張っておいた上で、別人に化け、間違いが起こったとして釈放される。「女王の首飾り」−子供の犯罪。極めて小さな窓から侵入出来た。以上、いずれも立派な推理小説である。他に、「不思議な旅行者」「ハートの七」「マダム・アンベールの金庫」「黒真珠」「遅かったりシャーロック・ホームズ」を収録。いずれも、良質の犯罪冒険小説である。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]