葛山二郎「赤いペンキを買った女」


 弁護士の論説の迫力と説得力。それを見事にひっくり返す、とってつけた様などんでん返し。タイトルが、唐突かつ全く必然性の無い結末を記述している点から見ても、一種のパロディ又は逆説であることは間違いあるまい。

*現代推理小説大系8 短編名作集 講談社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]