甲賀三郎「姿なき怪盗」


 ルパン型犯罪冒険小説。個々の殺人トリックは、小技。体内で茶と反応する毒薬(従って、時間差殺人可能)に工夫が見られる位か。決してイディオット・プロットではないが、やはり、主人公の行動にイライラさせられる点が多い。メインとなる二人四役トリックには、それ程の無理は感じられないが、これを行ったからといって、“姿もなく神秘的情報収集力を奮う”ことは出来そうもない。

*甲賀三郎全集第4巻 湊書房


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]