F・G・ハースト「2つの部屋」


 あまりにも有名なトリック。被害者が、(一階にあると信じている)部屋から飛びださざるを得ない状況を設定し、実は、その部屋は九階にあった。手を汚さない殺人で、アリバイは作り放題。これは公知公用でパクられまくっているのではないか。多分これが原典なのであろうが、思い切り短くシンプルで、力強い。

*新青年 大正11年夏増刊号(ウィントン名義)


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]