A・フリーマン「オシリスの目」


 死体をミイラの中に隠す。これをX線で探しだす趣向が、科学的で面白い(1911年の作品)。ミイラの骨による擬装は、ばれないのだろうか?しかし、偽の骨が、あまりにパーツが揃いすぎている点が、犯人にとっての落とし穴になる、というのは、うまい視点である。

*別冊宝石 昭和36年11月号


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]