K・フィアリング「大時計」


 乱歩や、瀬戸川猛資による後書きが主張するほど、話がおかしいとは思わぬ。家庭を破壊するか、社長の手の物に殺されるか。自分が(自分を)捜索しなくても、別の誰かがやりとげる。十分リアルな状況だと思う。前半は退屈だが、後半のサスペンスはさすが。最後は主人公の破滅で終わると予想していただけに、社長の破滅によるエンディングは意外であった。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]