A・ドゥーゼ「スミルノ博士の手記」


 「***」に先行する、記述者=犯人トリック。確かこれが世界初だったはず。(証拠が無いので)犯人を心理的に追い詰めて自白させるために、探偵が芝居をする。こういうのは嫌いである。一人称に、一部明確な偽り(ファビアンの犯行と信じているという表明)があり、このあたりは「***」ほど洗練されていないかも知れない。但し、日記の記述の欠落については、合理的な説明が与えられている。

*世界推理小説体系5 東都書房


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]