C・ディクスン「一角獣殺人事件」


 一角獣に突かれたかのごとき傷跡、という猟奇な設定はいいのだが、これの種明かしは案外つまらない。成り行きで巻き込まれる主人公とヒロインが、不思議な城館に辿り付くまでの、序盤の趣向がいい。良く似た人物(殺人犯を含む)3人が、二重に変装しあっていた、というトリックは、人工的すぎて好感を持てない。

*別冊宝石 昭和32年2月号


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]