C・ディケンズ「バーナビィ・ラッジ」


 救われるべき者は救われ、罰せられるべき者は罰せられる、基本的にはハッピーエンドの、巻置くあたわざる傑作通俗長編小説。リアル過ぎない、程よく戯画化された登場人物たちの生き生きとした描写と、動乱の迫力と。ミステリとしては被害者=犯人パターンで、現在では定番中の定番だが、この型の嚆矢どころかミステリそのものの嚆矢であるのだから、当時の読者はいかに驚いたことだろうか。死んだ筈の被害者(犯人)がうろつき回ることによる怪奇趣味も、前半の柱のひとつ。

*集英社ギャラリー 世界の文学 集英社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]