F・クロフツ「フレンチ警部最大の事件」


 古い作品である故、犯人の正体がみえみえなのは仕方があるまい。犯人も探偵も犯人の囮も、ひたすら歩き回る。船からの脱出(消失)トリックは、トランプ手品式の軽いもので、好感が持てる。古き良き時代の平凡な傑作、という印象が残った。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]