F・クロフツ「マギル卿最後の旅」


 ごくオーソドックス(執筆年を鑑みれば当然か)なアリバイ崩し。よそで殺して、罪を被せようとする人間の庭先に運び込んで埋める。被害者がまだ生きていたかのごとく装うために、一味の一人が彼に化けて、不審な行動を敢えて取る。今となっては目新しさがどこにもないのはやむを得ない。ほとんど旅行小説(あるいは移動小説)の感あり。犯人たち一行も探偵たちも、とにかく鉄道と船と自動車で、動く動く。この一連の観光旅行 [;^J^]の風景は、なかなか魅力的である。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]