GDH&M・コール「百万長者の死」


 死体の無い殺人事件は、狂言であった。ある(既に死んだ)人物の財産をいただくために、一旦その人物になりすましてから、自分に財産を遺す旨の遺言書を書き、殺されたとしか思えない状況で失踪してみせる。後書きにもあるが、クロフツの「樽」を、強く想起させる。探偵たちのパーソナリティ(要は、凡人)もだが、トランクの行方をひたすら追う、というストーリーも、良く似ている。悪人?たちは、結局、司直の手を逃れ、栄える。

*雄鷄社


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]