A・クリスティー「愛国殺人」


 要は、経済界の大物が、過去を知っている(悪意の無い)女を片付ける話。死体の擬装がらみで、二人一役とかややこしい状況が発生し、そのからみで、トリックを解きうる歯医者も殺されてしまう。この、事件の本質とは無関係な歯医者殺しからスタートする点が、構成の巧妙なところ。明らかな危険人物が二人ほど、引っ掛けで登場する。真犯人の信念(私は国家の重要人物であり、彼らは平凡な(あるいは有害な)人間に過ぎない。私を守るために彼らを殺すことは、正しい)は、シンプルで印象的である。尚、童謡殺人としての興趣は、(英国人でないせいか)全く感じられなかった。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]