A・クリスティー「そして誰もいなくなった」


 このジャンルのひとつの究極とも言える「状況」である。しかし、この真犯人には納得いかない。彼の「死んだフリ」がばれないとは思えないからである。その意味でも、最後の種明かしの手記は省いて、最後に生き残った人物が自殺した後、「誰もいなくなった」筈なのに自殺の後が片付けられていたことを警官が報告する場面で切った方が効果的ではあったろう。しかし、それでは推理小説にならないかも知れない。最後に自殺に追い込まれた(つまり、最大の恐怖を与えられた)人物の「罪」(つまり、犯人によって「最も罪深い」と断罪された罪)には、結構考えさせられるものがある。この程度の罪ならば、僕でも犯しかねないからだ。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]