A・クリスティー「ゼロ時間へ」


 読み始めたら止められない! 流石である。とにかく、構成が抜群に良い。殺人計画者は誰で、その犠牲者は誰だ?というサスペンスで、とことん引っ張り切る。犠牲者を直接殺すのではなく、殺人犯として絞首刑にするのだ、と、二重の罠(一旦、自分に嫌疑を向けさせ、それを解く)を仕掛ける。犠牲者を救うために、デウス・エクス・マキナ式に現われる証人の組み込み方も、万全。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]