J・D・カー「帽子収集狂事件」


 う〜む、これは、謎の値打ちだけの作品である。霧につつまれたロンドン塔と、その中で矢に刺されて殺されていた死体、それに被されていたシルクハット、という道具立ては素晴らしいが、解決は実につまらない。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]