J・D・カー「夜歩く」


 巻頭早々に殺された被害者(サリニー公爵)の脅迫者(ローラン)は、実は事前に彼を殺して入れ代わっていた。つまり、巻頭で殺されたのは、ローラン自身であった。ローランを殺したのがルイズ・ローランであるということは、(密室トリックはともかく)ほとんど自明であったが、そのトリック自体は替え玉による時間差パターンで、いささか拍子抜け。いかにも処女作らしく、怪奇趣味、科学主義、ポオへのオマージュ等など、さまざまな要素が未消化のまま混交しており、それなりの魅力はある。再読することはあるまい。

*創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]