C・ブッシュ「100%アリバイ」


 う〜む。100%のアリバイ自体は、時計の細工と共謀という、平凡な仕掛けで構成されており、いまさら感心出来ない。しかし関係者が次々と自殺した結果、どうやら真犯人(または真犯人をかばっている(または自分の罪を自殺した人間に被せた))と思える人物が逃げ切ってしまう点は、(こういう趣向も今やありきたりかも知れないが)新鮮である。後味は良くない。また、「殺人菓子」の件は、よく判らない。邦題の酷さに呆れ返っていたら、原題も似たようなものであった。[;^J^]

*早川ポケットミステリ


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]