E・アタイヤ「細い線」


 このパターンでは、到底「罪と罰」にはかなわないのだが、しかし、それを陵駕しているとは言わないまでも、別個の存在理由を主張しうるのは、美しい構成、「論理的構築力」であろう。これは、探偵小説の文学的存在意義に関する江戸川乱歩の説を実証していると言える。夫が罪を告白し、自首しようとしたら、結局これしか打つ手がないのではないかと思わせるリアリティ。

*早川ミステリ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]