J・ロンドン「影と光」


 「真の黒」によって不可視を得ようとする化学者と、「真の透明」によって不可視を得ようとする化学者の争闘。視覚的イメージは面白いが、小説としてはたいしたものではない。

*『死の同心円』国書刊行会


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]