ラヴクラフト「宇宙からの色」


 宇宙からの汚染(侵略)を「色」に着目して描くという着想はよいが、ストーリーそのものはありきたりでくどい。また、一回だけ「冒涜」という言葉が(例によって)出てくるが、どこがどのように冒涜的なのか。ラヴクラフトを読んでいて一番苛々する(素晴らしいスケールの、異教的=非キリスト教的宇宙観を創造しながら、結局、キリスト教徒の視点を脱し切れていない様に見える)点である。

*『ラヴクラフト全集4』創元推理文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]