A・ブラックウッド「幻の下宿人」


 シンプルで古典的な幽霊譚。レプラの病名は、現代では迫力が無いのは、仕方が無い。むしろ、これこそ、読者の想像力が試される作品と言える。

*『死を告げる白馬』ソノラマ文庫


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]