F・ソログーブ「毒の園」


 毒と共に生きてきた一族。その娘は、毒の接吻によって、人を殺す。耽美的/頽廃的な美しさはある。イラストとの相乗効果で味わうべき作品であろう。

*『小説幻妖・壱』幻想文学出版局


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]