A・ブラックウッド「柳」


 大規模な植物怪談の傑作。柳の群れが迫ってくるだけでは、「マクベス」ヴァリエーションに過ぎないところを、ここは四次元とのボーダーランドであり、あれらは四次元の生物の化体なのだとする、唐突と言えば唐突なSF化が、却って効果的である。群生する柳を、無数の「円柱」が這い昇ってゆくシーンの、戦慄的なイメージ!(もちろん、なんの説明も無い。)

*『幻想と怪奇』早川ポケットミステリ


MASK 倉田わたるのミクロコスモスへの扉
Last Updated: Jul 15 1995 
Copyright (C) 1994/1995 倉田わたる Mail [kurata@rinc.or.jp] Home [http://www.kurata-wataru.com/]